ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100812_115426_ed.jpg

この数ヶ月は、夜練習をする事が多かったです。
夜間帯は当然音を控えめにそ?っと弾くようにしています。

昨日は久しぶりに日中練習をしてみたのですが、普通の強さで弾くのになんだか違和感がありました。
以前は右手フルスイングをモットーにしていましたが、今の状態だと右手フルスイングで弾くというのは変に力が入ってしまい難しそうです。

やっぱり、変にそ?っと弾いてばかりいるのって良くないですね。
だけど日本の住宅事情だと、これってかなり難しい問題です。

先日防音室に関する日記を書いた際に、低音を遮音するのは難しいといったご指摘をいただきました。
となると、日本全国のウッドベース弾きさん達は、今更ながら皆さんどうなさってるんでしょう??

きっと音の問題って、皆さん苦労されてますよね。





ここ最近は、ベースソロのための練習も積極的に実施しています。
基本的には、メロディを弾きこんだ曲について、メロディを少しづつ崩していくといった感じです。

何度もメロディを弾いて、メロディが頭にこびりついている曲であれば、結構鼻歌で適当に崩せるようになってきました。
細かく理論上の問題が無いかどうかまでは確認していませんが、まずはこの適当鼻歌を音に出来るようにしたいと思っています。



以前に読んだ理論の本で、コードアレンジに関する事が記載されていました。
結局は4小節目とか5小節目などポイントになる小節のコードに向かって、5度-1度、4度-5度-1度、2度-5度-1度のケーデンスでコードを展開していくといった内容でした。
あとは、近親調とか平行調といった類のコードに置き換えるといった感じだったと思います。



しっかりメロディを弾き込んだ曲ほど、鼻歌で適当にメロディから逸脱していっても、要所要所では元のメロディやコードに戻ってこれるようになりつつあります。
(もちろん行方不明になる事もしばしばありますが・・・)

こうして元のコードやメロディに戻れる(向かっている)という事は、細かく分析は出来ていませんが、結果的にケーデンスの動きになっている場合が多いのではないかと思いました。
それに、少々タブーな音使いになっていたとしても、ベースソロの時って他の楽器さんのバッキングもかなり控えめですもんね。
どうせ(?)周りの楽器がほとんど音を出していないのであれば、タブーな音でもそれほど周りに迷惑はかからないだろうと開き直る事にしてみたんです。

何より今の僕は、ベースソロで音楽的な音をほとんど出せていません。
仮にコードトーンを使っていたとしても、音楽になっていない音を出すのに比べれば、多少でも音楽的な音をまずは出せるようしたいと思います。
(もちろん、タブーな音で無い方が僕自身も嬉しいですけど)



ただし問題は、頭に浮かんだ鼻歌の音をウッドベースでアウトプット出来ない事ですね・・・
これって、ベースソロに限らず普通にラインを弾く場合にも大きな問題だと思っています。

最近気がついたのですが、なかなかコード譜無しで演奏出来るようにならない大きな要因って、きっとこれだと思いました。
頭に音が浮かんだとしても、それをウッドベースでアウトプット出来ないのでは結局どうにもならないですよね。



というわけで、今はとにかく積極的に頭や鼻歌でメロディ(音)をイメージするのと合わせて、イメージした音をウッドベースで鳴らす事を心がけてみています。
これが出来るようになれば、きっと大きく世界が変わると思うんです。






とはいえ、難しいですね・・・
地道に頑張ります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。