ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100914_191731_ed.jpg
お役立ち度?★★★★

SONY パーソナルフィールドスピーカー PFR-V1⇒

昨日の日記に書いていた新兵器がこれです。
メインで考えていると書いたiPodの用途ですが、自転車移動の際に音楽を聴けるようにする事でした。



この商品、一見ヘッドフォンに見えますが、あくまでもスピーカーという位置づけのようです。
通常のヘッドフォンの耳に当たる部分が球状になっていますが、ここにスピーカーが付いてます。
耳のすぐ傍にスピーカーを置いて音を聴くといったシステムです。





普段、都内の移動はママチャリを使う事が非常に多いです。
主に池袋?恵比寿界隈の移動なんですが、コンスタントに毎日合計1時間以上はママチャリに乗っていると思います。
仕事での取引先や、スポーツクラブの往復などですね。

これまでは、こうしたママチャリ移動の際に音楽を聴くという事をしていませんでした。
移動中も音楽が欲しいなとは感じていたのですが、自転車に乗る時にヘッドフォンやイヤフォンをしていると、確か条例違反になりますよね。
それ以上に、耳が塞がった状態で都内のゴチャゴチャ道をすり抜けるとなると、僕自身怖いですし、実際かなり危険だと思います。

そんなわけで、自転車移動中に使えるヘッドフォン的なものを探していました。



最初は、骨伝道タイプのヘッドフォンも考えたのですが、お店で視聴させていただくと、びっくりする位に音量が小さいんですよね。
外で使うとなると、ブースター等で音量を増幅してあげないと、全く音なんて聴こえないと思います。
更に、音質は二の次で考えているとはいえ、それでも本当に悲しくなるような酷い音質です。

というわけで、骨伝道タイプはすぐに選択肢からはずれました。
そこでやっぱり、単純に耳の傍にスピーカーを置ければいいのになぁとは常々思っていたんです。

自分にそれなりの予算があれば、企画して作っちゃいたいくらいだったんです。
自転車事故の補償問題などが頻繁にニュースでも取り上げられますし、自転車用のコンセプトって絶対売れると思うんですけどニーズ無いですかね??
(残念ながら商品化出来るようなお金なんてありません・・・)



そんな感じだったんですけど、よくよく調べてみたら、耳元のスピーカーというのは既に商品として存在してました。
それが今回購入したこの商品です。

もちろん、この商品のコンセプトは自転車用などといった事ではなく、開放型ヘッドフォンの延長で、純粋に音質を追求している商品のようです。
だけど、この形状って自転車移動用にはまさにピッタリです。
(本当はもう少し小さめで、簡易の防水加工などが欲しいところですが・・・)





実際に使用してみると、思った以上に音量もありました。
付属で単4電池のブースターが付いているので、ブースターを付けなくてはiPodでは厳しいかなと思っていたのですが、全然問題無さそうです。

更に今回、あくまでも形状(耳を塞がない)重視で、音質の事はそれほど考えていなかったのですが、思いのほか音も良いです。
密閉タイプのヘッドフォンのような、脳味噌を振動させるような重低音は出ませんが、強烈な重低音さえ求めなければiPod付属のイヤフォンなんかよりもずっと音も良いと思います。

それでいて、耳は完全に開放された状態なので、まわりの音も普通に耳に入ってきます。
もちろん耳元で大きな音が鳴っているので多少聴こえ難くはなりますが、通常のヘッドフォンやイヤフォンとは格段に周りの音の聴こえ方が違います。



ただし、当然の事ながら音漏れも強烈です。
(この場合、音漏れという表現が正しいかどうかはわかりませんが・・・)

電車の中などで利用したとしたら、1車両全ての人から睨まれちゃいそうな感じですね。



あとは、最大のネックになりそうなのは価格でしょうか。
普段使いのイヤフォンと比べると、ちょっと値段が高すぎますよね。

まあ、別に自転車移動を前提にしている商品では無いので仕方無いんでしょうけどね・・・





そんなわけで、今後の僕の自転車移動には大いに役立ってくれそうです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。