ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもながら何も写真がありませんm(__)m。というわけで、全然関係無いのですが最近気になっているお店の看板(渋谷)です。

週末はまたしても練習をサボってしまいました。
原因は、今更ながらハリーポッターです・・・。

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (第七巻上下)⇒

実はこの本、発売直後から自宅に置きっぱなしになってました。
第二巻が発売されたあたりからしっかりとはまってしまい、第六巻までは発売直後に読んでたんです。

だけど、この厚さの本を上下巻読破するとなると、膨大な時間を使う事になりますよね。
そんなわけで、今回は時間を取られるのが怖くて読み始める事が出来ずにいました。



ところが、この週末に雨で家を出れずにいるさなか、なんとなく手に取ってしまった事が災い(?)し、ついに読み始めちゃいました。
一度読み始めるともう脱出出来なくなりますよね。
というわけで、間の駒切れ睡眠や食事、最低限のメールのやり取りなどを含めて、丸々24時間位はハリーポッター中心の時間を過ごす事になりました。

なんとか読み終える事は出来たので、今週はレッスンの宿題と、10月2日の自宅セッションの課題曲に没頭する予定(せざるを得ない?!)です。





次回レッスンなのですが、レッスン前に目を通しておくようにとの事で、先生からメールにてちょっとしたテキストをいただきました。
今回の宿題に出されていた、スケールを弾く練習の具体的な内容です。
音源付で本当にありがたい内容になってます。



この、スケールを弾く宿題に関しては、結局未だにきちんと対応出来ていませんでした。
きっとそのあたりを見越して送ってくださったんだと思います。

メジャーキーとマイナーキーの練習バリエーションが具体的に譜面になっているのですが、なんだか面白そうな内容です。
(実際に繰り返し練習を始めたら超苦痛になるんでしょうけど・・・)

先生からのメッセージでは、「目を通しておくように」といった事だったのですが、早速弾いてみたいと思います。
まあ僕の場合、譜面を目で見ただけではなかなかピンとこないというのもあるんですけどね・・・
(やっぱりまだまだソルフェージュの訓練が必要です)





このレッスンが終了すると、直後には自宅にてセッションの予定です。
こちらは飲みながらのお遊びセッションなのですが、1曲だけ課題曲(歌物)が出ています。

その曲だけはちょっとだけ真面目に取り組むべきなのかなとは思っていました。
ところが、「ボーカルさんの雰囲気だけつかめれば良いからギターさんの伴奏だけでも構わない」といった事をつい先日ドラマーさんから言ってもらえました。

そんな事言ってもらっちゃったら、すかさず甘えてしまいます・・・

ただ、良い機会なので事前にある程度は取り組んでみようと思っています。

ジャズでは無いので、普段弾いているベースラインと全然違うんです。
そのあたりが新鮮で興味深いんですよね。



その曲以外はビートルズ中心になるのではないかと思うので、そのあたりもざっとおさらいしておかなくては対応出来なそうですね。





かなりゆるゆるな集まりではありますが、こうした事があると練習のきっかけや刺激になるのでやっぱり良いですね。
というわけで今週は、夏休み終了直前の小学生のような感じで練習したいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。