ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッテリー残量がやや不安かも・・・

本日は久しぶりにウッドベースのレッスンです。
というわけで、本日はiPod用のマイクを持参してきました。



SANWA SUPPLY MM-MCSP1R 小型スピーカーマイク レッド⇒



そういえば、日記ではこのマイクに関して触れてなかったと思いますが、iPod購入の翌週位に購入しました。
その時点でiPodの新しいバージョンに対応している旨をうたっているのがこの商品だけだったので、選択の余地無しといった感じで決めちゃいました。
(おそらくほとんどの商品が大丈夫なんでしょうけどね・・・)



なんだか予想以上に安かったのでちょっと心配だったのですが、練習で使ってみた限りでは特に問題無さそうですね。
そんなわけで、本日はいよいよ実戦に投入(レッスンの録音)です。

ちなみにレッスン程度の録音は心配していないのですが、セッションの爆音の中で上手く録れるかどうかに関してはどうなんでしょうね。
どちらも確認できましたらご報告させていただきます。



iPodに取り付けてみると、なんだか不恰好な感じがかわいいので、見た目は結構気に入ってます。





先日、先生から送られてきたテキストですが、実際に弾いてみたところ、序盤戦はなんとかなりそうですね。
まだ他のキーを練習するまでは出来ていませんが、譜面を追いながら弾くだけであれば、わりと順調に進んでいけそうです。

練習の目的は、スケールを覚えたりスムーズに弾けるようにしたりするといった事なのだろう思うと思ってます。
そういった意味では、最終的には譜面を見ながらでなく、譜面のメロディを覚えて譜面を見ずに弾けるようにすべきなのかもしれないですね。

・・・と書きながらふと思ったのですが、譜面とは別のキーで練習をする事によって、結果的に譜面を見ないで弾く事になりそうです。
テキストにはお約束のように「12キーで・・・」といった事が書いてありましたが、そうした目的もあるんでしょうね。





あとは、ここ最近のちょっとした疑問などを全て質問してこようと思ってます。
行く前にきちんと質問事項を整理しておかなくてはいけませんね。
(「まだそんな事もやってないのか」と叱られそうですが・・・)



やっぱり多少間隔は開いても、こうして定期的に先生に習いに行くのはいいですね。
指導してもらいながら、いろいろ質問も出来るだけでなく、練習の刺激であったりモチベーションにもなりますもんね。



録音も上手く活用しながら、有意義な時間にしてきたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。