ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
101004_095123_ed.jpg

まず最初にご報告とお詫びです。



昨晩、自宅で運用しているWEBサーバーがダウンしました。
そのため、自宅サーバーで運用していた←側メニューの一部が閲覧出来ない状態になってしまっております。

復旧には2日前後は時間がかかってしまいそうです。
(ソフトだけでなくハード側の問題もあるようなので、サーバー機の調達から始めなくてはならなくなりました。)

教室探しやセッションのお店一覧の閲覧等をご希望で訪問された皆様には大変ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ありませんが、何卒宜しくお願いします。





先週は久しぶりにレッスンへと出かけてきました。

横浜 ジャムラボ⇒



内容は、前回の宿題の仕上がり具合の確認と、次回の課題の説明や解説です。



◇前回の宿題
1- ブルースのコード進行で、ブギのリズム(?)を全キーで弾けるようにする。
2- There is no greater loveの進行で、各小節ごとにスケールを弾いてみる。



更に、↑宿題と合わせて指示されていたメトロノームのクリックを3連で聞く練習というのもあらためて確認されました。



これらに関しての幡野先生評価ですが、メトロノームを3連で聞く練習に関しては、「まあ、こんなもんか」といった感じでした。
更に宿題の1番目に関しても、「まあ、こんなもんか」といった感じだと思います。
(かなり甘い採点をしてくださってると思います)
宿題の2番目に関しては、僕からギブアップといった感じです。
(すみません・・・)





そこで、次回の宿題なのですが、前回の宿題を更に1歩進めた内容になりました。
まず1つ目の宿題は、やはりメトロノームを3連で聞く練習です。

ただし今回はメトロノームを、



タタタタタタタタタタタタタタ・・・



と鳴らすのではなく、



タタタタタタタタタ・・・



と鳴らしての練習です。
この鳴らし方で、強調された音を3連の3拍目に捉えて演奏するといった練習です。



|タタ|タタ|タタ|タタ|タタ|タ・・・



なんだか上手く表現出来ていない気もしますが、これ、伝わりますよね・・・



僕の頭の中では、1拍ごとに、

ズーチャ、ズーチャ、ズーチャ、ズーチャ・・・

といった感じで音を聞く感じになるのですが、これが思いの他難しいです。
テンポ120位だと、それなりに合わせられるのですが、160位まで上げてくると途端に狂ってきちゃいます。

前回の宿題と比べて、全然たいした違いでは無いはずなのに、俄然難しくなるのが不思議です。
なんだか茂木先生の脳トレの話を実践しているような感覚ですね。



2つ目と3つ目の宿題に関しても、前回の宿題とほぼ同じなのですが、今回は具体的に弾くべき音を指示されました。
その場で幡野先生が簡単な楽譜を書いてくださって、「これを練習してくるように」といった感じです。

どちらも、コードを見て、コードトーンやスケールの音に咄嗟に反応出来るようにするための訓練ですね。
特に3つ目に関しては、スケールの理論の復習なども発生するので、頭も体も鍛えられそうです。





次回のレッスンは月末位を考えているのですが、それまでにしっかり対応出来るように取り組んでおきたいと思います。



今月はバンド活動の方の課題もたっぷり出てきているので、心してかからないとどちらも中途半端になっちゃいそうです。
まずは何より練習時間の確保からですね。



頑張らねば・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。