ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
101028_084532_ed.jpg

昨晩、一昨晩と、偶然立て続けにスピッツの演奏をテレビで見ました。
突然企画物の番組で露出が続くのって、新曲か何かのプロモーションなんですかね。

久しぶりにスピッツの映像を見ましたが、なんだか素敵ですね。
特別声量があったりするわけでも無いと思うんですけど、素朴な感じで心に響いてくるのってどういったところから来るんでしょう??

なんだかバンドメンバーも仲が良さそうですし、映像を見ながら、やっぱりバンドやりたいなぁと思っちゃいました。



といっても今の僕は、バンド活動が結構な勢いで始まってきているので、むしろ振り落とされないように頑張るだけの状態なんですよね。
それなりの量の課題も出てきているので、頑張ってこなしながら早くスタジオで思いっきり音合わせなどをするのが楽しみです。

来月はナントハウス(我が家)で簡単にセッションの予定なので、12月にはスタジオ入り位まではたどり付けますかね・・・

となると、やぱり一番問題になりそうなのは僕だと思います。
頑張らねば・・・





今月の12日に東京マラソンの当選通知メールを受け取ってしまって以来、その日から急激にダイエットを行っています。
健康診断では「普通」「肥満」「超肥満」のカテゴリーがある中で、「超肥満」に振り分けられる今の体では、とてもじゃないですけどマラソンなんて無理です。
そもそも東京マラソン申し込みの理由がダイエットのモチベーション喚起でした。

いざ当選が決まってみて(そもそもこの高倍率で当選なんてする訳ないと思ってた)、冷静に考えてみると、体重を落とすにも結構時間が無いんですよね。
というわけで、突然かなり無茶なダイエットをスタートさせています。

ダイエット開始翌々日に体重計を購入、15日朝に計測した体重が90.9kg。
本日28日朝に計測した体重が85.9kg。

かなりの無茶をしているだけあって、さすがに数字には如実に反映されています。



とはいえですね・・・
これだけ無理をしていると、さすがにあらゆる場面で影響が出てきます。
もちろんウッドベースの演奏にもモロにその影響を感じています。


もうとにかく、びっくりする位力が入らないんです。


力が入らないとなると、当然真っ先に問題になるのが左手の押弦ですよね。

左手の握力なんて、100kgでも200kgでも追加したいと常々思ってます。
(こうした事を書くと怒られちゃいそうですが・・・)

それが突然、これまでの半分位しか力が無くなっちゃってるのではないかと思う位に力が入りません。



というわけで演奏中には、以前から多くの方にアドバイスいただいている「腕の力」「腕の重さ」をもっと有効に使えないものかをあらためて思考錯誤しています。
以前に読んだサラサーテに書いてあった押弦方法を思い出しながら、なんとか力を使わずに押さえられないかを探る感じです。

だけどやっぱり、それなりに力を使わないと押さえられないんですよね・・・
特にE線なんて、かなり気合を入れないと簡単にビビッた音になっちゃいます。



これを機会に脱力を覚えられればなんてプラス思考も頭をよぎりましたが、それでもやっぱり力が欲しくなりますね。



女性のベーシストさんって、今更ながらどうしてるんだろう・・・?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。