ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
101105_112708_ed.jpg

今週に入ってから、どうも思うように練習が出来ていません。
それ程忙しいはずは無いんですけど、なんだかパラパラと夜が遅くなってしまってます。

週末にはバンドの人達と音合わせのセッションが控えているのにかなりピンチです。

あまり贅沢は言えませんが、やっぱり深夜でも平気で音を出せるような環境も欲しいですね。
(それ以前にやる気と気力なのは間違い無いのですが・・・)





週末のセッションに向けては、取り急ぎ課題曲の譜面を簡単に作ってみています。

テンポ自体はそれほど速くないんですけど、8ビートで音を出すとなると、結果的にかなり早いテンポで弾いているのと同じような感じになります。
そうなると、普通にウォーキングをするだけであればともかく、不慣れなロックやポップス風のベースラインを弾くとなるとかなり厳しいです。
以前から書いているように、相変わらず♯の譜面にも慣れないですしね。



だけど、ここしばらく、ベースラインを考えながら音符を紙に書くといった事をしていなかったのですが、この作業ってたまにやるべきですね。
(何を今更と怒られそうですが・・・)

紙に書き出しながら(もちろん譜面ソフトに入力しながらでも良いと思うのですが)考える作業だと、転調とかダイアトニックコードとか、これまで勉強した理論関連の事を考える機会が増えます。
なんだか偉そうに書いちゃってますが、コードのアルファベットに「7」がついていない時に、ベースラインの中で7度の音を使ってしまう時などに、♭させるかどうかを考えてみたりする程度なんですけどね

僕の場合、過去にちょっとだけ勉強してみたとはいえ、まだまだそれらを使えていると言えるほどには理解を深める事が出来ていません。
当然ですが、こうして考えたり使ったりしなくては、理解なんて深まりませんもんね。

そんな僕には、↑に書いたようなちょっとした事でも、理論を絡めて考える機会が増えるのはかなり効果がありそうです。





なんだかプラス思考で優等生的な事を書いちゃってますが、その前に今は今週末のセッションを乗り切らなくてはなりません。
本当にこのままだとかなりピンチだと思うんですよね・・・
冗談抜きに、ルートを8個刻むだけとかになりかねない(というか、きっとそんな場面は沢山出てくる)ので、残りの数日間、とにかくもうちょっとあがいてみようと思います。





全然関係無いんですけど、先月普段使いのPCが壊れてしまったおかげで、大事な音源が1個見つかりません。
バックアップを疎かにしていた関係でバックアップ用のHDにも入っていません。
WEBメールを含めて、WEB上にはどっかにあるだろうと思っていたのですが、ここにも見当たりません。

ん?・・・
なんだかいろいろピンチです。



バックアップを含めて、クラウド化をもっと本格的に進めなくては・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。