ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
101130_100534_ed.jpg

唐突なんですけど、ビートルズの歌に出てくるStrawberry Fieldsって、以前はニューヨークのセントラルパーク内の事だと思ってました。
先日もお酒の席でそんな話が出たのですが、きっと同じように思ってる人って結構多いのではないでしょうか。

以前ニューヨークに1度だけ行った事があるのですが、せっかくだからと思い、毎朝セントラルパークを1周走ってました。
(10年位前は、一応その程度なら走れてました・・・)
その時に、セントラルパーク内の標識のようなものを見てセントラルパーク内のStrawberry Fieldsの事も知ったんです。

当時からStrawberry Fieldsの名前は聞いた事がありましたが、現場に行ってみて「えっ、こんなに普通な感じなの?!」と驚いたのを覚えています。
すぐ近くのダコタハウスにも、ジョギングがてらわき道にそれて見にいったのですが、そちらもあまりに普通(こっちは普通で当然ですが・・・)でびっくりしました。

セントラルパークのStrawberry Fieldsって、ビートルズの歌が出来た後にジョンレノン絡みで作ったんでしょうか?

先日のお酒の席でニューヨークのStrawberry Fieldsの話が出た時に、そういえばあれっていつ出来たんだろうといった疑問をあらためて感じてました。





先日ウッドベースの練習中に、なんとなくグラグラして安定しない感じがしました。
不思議に思ってエンドピンのあたりを確認すると、エンドピンの先のゴムキャップの先が割れてしまっていました。

もう5年近くも使ってますからね・・・
標準の利用期間は知りませんが、むしろ長持ちしてくれたなといった感じの方が強いです。



そんなわけで、エンドピンの先のゴムを交換したいと思ったのですが、僕自身はそもそもゴムだけ売っているのかどうかすら知りませんでした。
そこで普段お世話になっている商社さんに訊いてみたところ、その商社さんでも2種類ほど扱っているとの事でした。

1つは、1個105円で、サイズが大中小の3種類。
もう1つは、オリエンテさんのもので、値段は300円台(ごめんなさい、細かい金額は忘れました。)



ウッドベース関連の備品って、いちいち値段が高いイメージがあります。
そのせいか、値段を訊いて思いの他安いのにちょっと驚きました。
事前に想像した値段よりも、「0」が1つ少ないといった位の感じです。
1セット数万円もする弦の影響などから、このあたりは自分の感覚もおかしくなってきてるみたいですね・・・





ところが・・・

一番小さなタイプを持ち帰ってはめてみたところ、なんだかガバガバでサイズが合いませんでした。
そこでチェロ用のエンドキャップも検討したのですが、ゴム自体が薄くてすぐに破れちゃいそうだったので、こちらも取りやめました。

結局まだ交換はしていないのですが、オリエンテさんのエンドキャップに、軽く詰め物でもして使ってみようかと思ってます。





以前、競技用の自転車に乗っていた時も思ってましたが、こうした規格の違いって面倒臭いですね。

こうしたマニアックな違いが、好きな人には楽しかったりするんでしょうけどね・・・

ちなみに自転車に乗っていた時も、道具選びはかなりラフな方でした。
(当時は自転車をいただいたりしていたので、本来はもっと細かい違いを感じられなくてはいけなかったんだと思いますが・・・)

こうした性格って、スポーツから音楽に移行しても変わらないみたいですね。





なんだか話がチグハグになっちゃってますが、今年の冬は楽器も交換してみたいなと思ってます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。