ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2010/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
101213_110247_ed.jpg

先日、とあるバンドのドラマーさんとお話をさせていただく機会がありました。
いわゆるビジュアル系といわれるバンドの方で、現在はまだ全国ツアー中との事です。
そちら系(?)のバンドに疎い僕でも、yahooニュースなどで目にした事がある位なので、それなりに売れている方なのだと思います。





ちょっとだけ、本題とは逸れて全くの余談なのですが、ビジュアル系バンドの方って、バンド活動中以外に街で会ったとしても、きっと絶対判らないですね。
その方も、宣材写真に写っている姿とは全くの別人でした。

化粧をして、ウィッグを付けて、着飾って・・・

宣材写真を見た時には、「あれ、どの人がそうなんですか?」と思わず真顔で聞いちゃいました。
だけど、さすがにそれだけ作りこむと、ステージではめちゃめちゃ見栄えがしそうです。





で、あらためて本題なのですが、今回出したCDが、まだ1,000枚しか売れてないといったお話を聞いたんです。
(それ以外に、iTunes store等でのオンライン販売はありますが)

このドラマーさんの話によると、当然1,000枚程度では完全に赤字との事です。
2,000枚売れて、なんとか衣装代位はまかなえるかもとの事でした。
(このあたりはビジュアル系ならではの辛さでしょうか?!)
5,000枚位売れると、ようやくそれなりに利益が出てくるとの事です。

yahooニュースでも目にした事がある位のバンドでも、CD販売はこんなに苦戦しているのにちょっと驚きました。



先週、今年のCD売り上げランキングのトップ10が、嵐とAKB48で埋め尽くされるかもしれないといったニュースを見かけました。
実際には個人集計のデータで正確な情報では無いらしいのですが、それでもあながち間違ってはいないだろうとの事です。

かなり以前から言われてはいますが、やっぱりプロモーションありきで大量に広告宣伝をかけていかなくてはCDなんて売れないって事なんでしょうね。
なんだかちょっと寂しい事ではありますが、まあこれはこれで仕方無い気もします。



とはいえ、CDでは稼げないとなると、ミュージシャンの方はやっぱり大変そうです・・・



前述のビジュアル系バンドの方によると、収益で大きいのはやっぱり物販だと仰ってました。
ライブ会場で販売するバンド関連グッズの売り上げがバカにならないとの事です。

まさに永ちゃんタオルのビジネスモデルが有効なんですね。



これからは、CDではなくライブで稼ぐ方向にシフトしていく事になるだろうといった話を以前にどこかで耳にしました。
物販も含めてやはりそういったことなんでしょうね。

だけど、それだけでは音楽関連の市場自体は縮小してしまうのも間違い無さそうです。



となると、活路はやはりインターネットを中心としたオンラインビジネスなんでしょうね。
だけどオンラインの場合には、携帯電話のコンテンツのように月々数百円といった金額を手軽に支払えるような決済システムがまだまだ足りない気がします。
iPhoneアプリなんかはこうした決済システムのインフラがかなりしっかりしているようですので、これからこうしたインフラの普及次第ではいろいろな仕掛けが作れそうです。

そういった意味では、ミュージシャンの方にとっても今は逆にチャンスのような気もします。
アイデアや仕掛け次第では、これから個人レベルでも収益モデルを構築出来そうな気がするんですけどどうなんでしょう??





ビジュアル系バンドの方のお話を聞いてから、最近は↑のような事を考えてました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。