ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2011/01 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オペラシティの中に飾ってあったオブジェです。指板とか駒とか、各パーツがきちんと木で作られてるのが凄いと思いました。このクオリティ、かなりお金もかかってそうです。

先日もちょっと触れましたが、昨年末に携帯をdocomo T-01Cに機種変更しました。
もうちょっと早くスマートフォンにしたかったんですけど、お財布携帯とi-modeのメールが使えなくなるのが嫌で、昨年末の商品群を待ってました。

この携帯、バッテリーの持ちが恐ろしく悪いのと、処理速度が遅いのとが猛烈に気になりますが、それを差し引いても役立つ事や面白い事が多いです。



ちなみに、話は前後しますが、バッテリーに関しては普段携帯を使わない人が作ったとしか思えない程、あっという間に無くなります。
電波の届きにくい場所にいたりすると、全く携帯を使わずにいても、フル充電が5時間弱でほぼ空になっちゃいます。

iPhoneみたいに、バッテリー付のケースが発売されて欲しいと切に願ってます。
(それ以前に、筐体を厚くしてでもバッテリー容量は増やすべきだと思いますが・・・)





そんな感じで不満も多いので、軽く愚痴らせていただきましたが、本日は音楽絡みで楽しい事を書いてみようと思います。

まず、先日iRealBookというアプリをダウンロードしたと書きましたが、これはやっぱり便利ですね。

更にその後、chordbotというアプリをインストールしました。
(リンクページはiPhone版ですが、アンドロイド版もほぼ同じ画面です)
無料版を試してみたのですが、あまりにも素敵な感じだったので、すぐに有料版(400円位だったと思う)を購入しました。

このアプリ、コードを入力していくと、入力したコードでマイナスワン音源を鳴らしてくれるんです。
曲調も、ポップスやボッサ等々、いろいろなバージョンを選べるので、スタンダード曲の練習はもちろん、メロディを考える時などにも重宝しそうです。

携帯の音だけだと少し小さいですが、携帯にイヤホンの差込口が付いているので、ここから自宅のアンプに接続すれば、爆音で伴奏を鳴らす事も当然可能です。



こうした便利なアプリって、まだまだ探せばいろいろあるんでしょうね。
また、携帯のアプリって、無料版が沢山ある上に、有料版も安くて手軽なのが多いのが素敵です。

他にも便利なアプリを是非見つけたいですね。





もう1つ、これもアプリ絡みなんですが、携帯1つでustream等の生放送が可能です。(ustream用の無料アプリを使用)

つい先日、坂本龍一さんが台湾だか香港だか(どこでしたっけ??)のライブをustreamで生中継して話題になってましたが、こうした事を携帯1台で実現出来てしまうのが楽しいです。
(もちろん映像や音質のグレードは違いますが・・・)



この週末、一緒にバンドを組ませていただいているドラマーさんと2人で新年会をやってました。
他のメンバーさんはインフルエンザ感染中等の理由でご一緒出来なかったので、メンバーさん向けにこの新年会を生中継で放送していたんです。

飲んでる最中に、その場の話題に対してのコメントがメンバーさんからメール等で届くんですよね。
これって、その場にいなくても、なんだか一緒に飲んでるみたいで楽しかったです。



後で保存した映像を確認してみたところ、映像はともかく、音声はかなり厳しかったです。
携帯のスペックの問題なのか、通信速度の問題なのかはわかりませんが、かなり聞き取りづらい感じにはなっちゃってました。

だけどそれを差し引いても、これって面白い事が沢山出来そうです。
ライブやセッションの映像を、簡単に中継出来るんですもんね。



youtube等でベースの演奏を探す時に、ベーシストにフォーカスした映像がほとんど無くて寂しく思う事が結構あります。
だけど、こうして個人で中継用のカメラを稼動させられるようになれば、各パートごとの映像もきっと増えてくると思うんです。





なんだか面白い時代になりましたよね。
CDが売れない、音楽ビジネスが成り立たないといった寂しいニュースを頻繁に目にしますが、音楽を楽しむといった意味では本当に面白い事が増えていると思います。





せっかくのこのインフラ、僕自身も是非活用してみたいと思ってます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。