ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2011/02 | 12345678910111213141516171819202122232425262728
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0058.jpg

さっき知ったんですけど、風の谷のナウシカのオームの鳴き声は布袋寅泰さんのギターだってご存知でした??
久石譲さんから布袋さんが呼ばれて、ギターで泣いてくれと頼まれましたらしいです。
この話って有名なのかなぁ・・・





昨日のライブ、良かったです!



高道晴久カルテット 〜New York Reunion〜(赤坂 B♭)
メンバー:西口明宏 (テナーサックス)
     片倉真由子(ピアノ)
     高道晴久(ベース)
     二本松義史(ドラム)



高道さんはもちろん、ピアノの片倉さんも、以前にライブで見て素敵だなと思ってたんですよね。
この2人なら間違い無いだろうなと思ってはいたのですが、期待以上に素敵なライブでした。

更に、メンバーの演奏だけでなく、曲の構成もまた素敵だなと感じました。



ちょっと不謹慎な話ですが、どんなに演奏が凄かったり素敵だったりしても、同じような曲続くと結構すぐに飽きてきちゃうんですよね。
それが昨日のライブでは、テンポや曲調の違う曲をバランスよく混ぜて構成してくれてたんです。
更に、曲ごとに焦点を当てて聴かせてくれる楽器を振り分けられていて、最後まで心地よく、じっくり聴かせてもらう事が出来ました。
(当然ビールもすすみます・・・)



表現は適切で無いかもしれませんが、普段からフロントを引き立てる役回りであるベーシストさんがリーダーでプロデュースしてるオイシイ面を存分に味わえた感じです。
(もちろん、リーダーの高道さんのソロも存分に聴かせてもらえました。)
こういうのってきっと、リーダーさんの人柄なんかも凄く影響しそうですよね。





それにしても、やっぱりライブは良いですね。

というか、先月はコケてるので、良いライブが良いといった感じでしょうか。(あたりまえか・・・)

今回は、プレーヤーさんもお店もまさにプロといった感じで、素敵な時間を過ごさせていただく事が出来ました。





こうした素敵なライブを見ちゃうと、やっぱりベースを弾きたくなっちゃいます。

というわけで、練習も頑張らなくては!!





PS.
普段ライブやCDを聴いてドラマーさんが「素敵!!」と思う事なんて滅多に無いです。
だけど今回の二本松さんってドラマーさん、めちゃめちゃ素敵でした!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。