ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2011/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
滑らせると皮が引っ張られて、普段は弦と触れない部分にマメが出来てました

2週間ほど前に道路で転んで捻挫した左肩ですが、なかなか完治しません。
当初は1?2週間もすれば大丈夫だろうと思っていたんですけど、まだまだこの感じだと1?2ヶ月は痛みが残りそうですね・・・

とはいえ、ちょっとづつではありますが、痛まずに動かせる可動域は確実に広がってきています。



というわけで、肩の事は気にせずに普段通りのメニューで練習を行っています。

ただ、普段の生活を含めて左肩を動かさずにいたせいか、左肩の肩周りの筋肉が弱ってるみたいです。
ウッドベースを弾く際に、左肘を上げた状態でキープし続けるのが、以前よりもかなり辛く感じるんですよね。

もしかすると、まだ動かす角度によっては痛みがあるので、肩周りに無駄に力が入ってしまうといった事もあるかもしれません。
いずれにしても、ちょっと弾いていると肩が辛くなって左肘を下げたくなってしまうのはよくないですね。


リハビリを兼ねて水泳でも出来れば良いんでしょうけど、さすがにまだ泳げるほどには肩も回復してないですからね・・・


まあ、ちょっとづつ演奏しながら左肩も慣らしていきたいと思います。





そうした状況ではありますが、本日はスライドを含んだ練習を行っていました。
(結果的にはスライドでは無いみたいだったのですが・・・)



実は、先日のモーツァルトの楽譜でスラーが出てきていたんです。

スラー = スライド

僕の中では↑のイメージでいたのでスライドでなんとか演奏しようと思い練習しちゃってました。
だけど、後から調べてみたところ、「スラー = スライド」というわけでは無いみたいですね。



スライドを使わないとなると、スラーを演奏で表現するのってなかなか難しそうな気がします。
特に、複数の弦をまたぐ事になったりしたら、尚更難しそうです。

弓だとそうでも無いのかなぁ・・・、いやきっと難しいに違いないと思う

まあ、そういった意味では、ピアノさんがスラーを表現するのなんかも難しいんでしょうね。



僕の場合はピッチカードで全部弾いちゃってるので、せっかくだからスライドで練習した方が他のジャンルの演奏でも役立ちそうな気もします。

だけどスライドで音をキッチリ取るのってやっぱり難しいですね。
滑らせて、正しいポジションでぴったり止めるなんて、どうしたら皆さんそんな調節が出来るんでしょう??





いろいろあーだこーだ繰り返してたら、左手の小指にしっかりマメが出来ちゃいました。

ドゥィ?ンってスライドでかっこよく鳴らせたら俄然雰囲気が出ますよね。
やっぱりスライドもマスターしたいなぁ・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。