ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2011/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弦をはじく際に、指を振りぬく方向から針を刺すようにしてます。だけど本日は、2重構造のマメの中心を刺すために、針を刺す位置をちょっとだけ上方にずらしてみました。

2〜3日前から出来てしまっていたマメですが、実は面倒臭いので放置しちゃってました。

昨日は既に2重構造になってました。
それでもサイズは5mm程度しかなく、痛みもほとんど無かったんです。
そのため、本日も「まっ、いいか・・・」でそのまま練習しちゃってました。

おかげで、本日80分程練習した後にマメの状態を確認してみたところ、2倍程のサイズにマメが成長しちゃってました。



痛みが無いとはいえ、水が溜まった状態のままウッドベースを弾き続けてしまうと、水圧のせいかマメが急成長しちゃいます。
面倒臭がらずに、こまめに水抜きはやるべきですね。





ちなみにマメの痛みですが、表面の皮がある程度厚くなってくると、単に水が溜まっただけでは痛み自体は大した事が無いように思います。

ウッドベースを始めたばかりの頃は、表面の皮が凄く薄いので、水が溜まったままウッドベースを弾こうとすると、簡単に皮が破れてしまうような感じでした。
そうした状態の時って、ちょっとマメが出来ただけでも結構痛みがあるんですよね。



ところがウッドベースを始めてから2〜3年も経った頃には、ちょっと水が溜まっただけであればあまり気にならなくなってきました。
少々のマメでは大した痛みも無くなってきたんです。

マメの水を抜きながら、そのまま数日ハードに弾き続けていると、マメになっていた部分の色が少し変わってきます。
水が溜まっていなくても、少し透明感が出てくるような感じでしょうか。

果物の梨とかリンゴをぶつけると、ぶつけた部分が透明っぽくなりますよね。
ちょうとあんな感じです。

マメの部分がそんな風になってくると、その頃には結構な痛みが出てきています。
痛み方も、マメが新しく出来た時のようなヒリヒリした感じではなく、指の奥まで響いてくるようなジンジンした痛みです。
もう、こうなってくると、マメというよりは打撲といった状態なんでしょうね。

そこから更に弾き続けると、透明感のあったマメ部分が赤黒い感じになってきて、血豆になるようです。



↑に書いた感じが、僕のマメのダメージレベルです。
現在の状態は、このダメージレベルで言うと、まだまだ初期状態といった感じです。

とはいえ、スタジオリハや、6月にはいよいよライブも決定しましたので、あまり極端には悪化しないように気をつけておきたいと思います。





ちなみに本日、TVでハモネプ(アカペラ番組?)を見ながら針で水抜きをしていました。
TVに夢中になってしまったおかげで、左手の親指をうっかり針で刺してしまい、ちょっとだけ血が出ちゃいました。
(血が出たと申告するのも申し訳無い程の、すっげーちょっとです・・・)

余計なところで怪我をしてしまっては元も子も無いので、気をつけなくてはいけませんね・・・



しかしハモネプ全国大会、さすがに上手かったです!
いくつかのグループは、感動してちょっと目頭が熱くなりました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。