ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2011/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0184.jpg

本日というか、日付が変わっているので昨日は、右手の中指を使わずに、ひたすら人差し指1本のピッキングで練習してました。
中指を伸ばしているとついつい使ってしまいそうなので、きっちり折りたたんだ状態にして、中指は完全休養です。

土曜日にスタジオリハの予定なのですが、中指のマメが結構悪化してきてるんですよね。
4個か5個のマメがひっついた状態になってるみたいなのですが、さすがに刺すような鋭い痛みが出始めたので、大事を取っての中指休養です。

だけど、90分ほど人差し指1本で弾いてみたところ、人差し指にもマメが出来そうな感じになっちゃいました。
今は皮が浮いてはいないのですが、弦にあたる部分がちょっと透き通った感じになっているので、時間が経つと皮が浮いてきそうです。

たかがマメとはいえ、悪化すると練習に影響が出てしまいます。
この程度の練習ではビクともしないくらいに、早いところ強化されて欲しいです。





ウッドベースを始めて1年目位だったと思うのですが、当時習っていた先生から運指に関して言われた事がありました。
効率の良い運指でポジション移動を減らせると、1音1音をより伸ばす事が出来るようになるといった指摘です。

この事を、本当に今更なのですが実感しています。



これまでもいろいろな方から、1音1音はひたすらテヌートで出来るだけ伸ばすのが良いといった事を聞いていました。
とはいえ、そのしっかり伸ばした音の良さというのはそれほど実感出来ていなかったんです。

このテヌートの、モッチモチに伸ばした音の気持ち良さというか、スイングさせる感じを、最近ふと感じる事があります。
ボンッボンッではなく、ボ~ッンボ~ッンといったイメージでしょうか。
ひたすら音が伸びる事によって、なんだかノリが物凄く良い方に変わってくる事って確かにありますね。



演奏しながら、このギリギリまで音を伸ばした感じを掴めている時って、自分でも心地良いんです。
だけど、この音を伸ばす感触というのが、ポジション移動が入ってしまうとなかなか出てきません。
(今の自分のスキル不足なんだと思います。)

特にテンポが速いほど顕著になりますね。
早いテンポでポジション移動が入ってくると、明らかにボンッボンッボンッボンッといった感じの、ブツブツに切れた音になっちゃいます。



1年目の頃に先生から言われていたのは、まさにこの感じの事だったんですね。
頭ではなんとなく解っているつもりだったのですが、最近になってようやく実感として沸いてきました。



ちなみに、左手が疲れてきた時にも、音が短く途切れてきちゃいます。



というわけで、いつ何時も、モッチモチに伸ばした音を出せるようになりたいです。
そのためにも、演奏中に、モッチモチに音を伸ばせている時に感じられる心地良さを大事にしたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。