ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2011/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0202.jpg

連日の雨って嫌ですね。
洗濯物が乾かないとか、外出すると靴が濡れる(これが一番嫌かも)とか、やっぱり雨が続くのは嫌いです。



練習の際も湿度が高いせいか、ネックや指板がうっすらと結露で湿った感じになってしまってます。
こうなると、左手の親指が無駄にグリップしてしまって、スムーズにポジション移動出来なくなるのが嫌ですね。
更に、弦を押さえる感覚も、なんだか妙にひっかかる感じで具合悪いです。



以前に、プロのギタリストさんが左手にベビーパウダーをつけて演奏されてるのを見たのですが、あれってこうした感覚を軽減するためなんでしょうか??
たしかに、ベビーパウダーでサラサラになるのであれば都合は良さそうです。
(だけど、ベビーパウダーって濡れるとヌルヌルになる気もする・・・)

左手は、汗でヌルヌル滑るのも嫌ですけど、湿気でグリップしまくるのも困り者です。



右手は、湿度が高かったり指板が結露で湿っていたりすると、マメが出来易くなるのが困ります。

こうした湿度の関係だと思うのですが、冬場よりも夏場の方がマメは出来易いような気がします。
冬場の感想したガサガサの指先って、弦をはじくストレスには強いですよね。

また、指板が湿気った状態だと、弦の指離れのタイミングも狂ってきます。
いつもなら指先から弦が離れてくれるタイミングでも、なんだか妙にひっかかってしまうんです。

そのため、こうなってしまった場合には、普段はニベアで滑り具合を調整しています。
マメが出来てしまった時なども、ニベアでヌルヌルツルツルにしてしまうと、マメも結構凌げるんです。



と言いつつ、本日は面倒くさくてニベアすらつけずに弾いてました。
右手はマメを乗り切ってかなり強化された状態なので、少々の湿気でも今のところ全然平気みたいです。



週末までは雨が続くみたいですが、いい加減晴れて欲しいですね・・・





この週末のスタジオリハで合わせる予定の新曲も、それなりに形になってきました。
あとは実際に周りと合わせながらの調整で大丈夫そうです。

練習量も順調にこなせているので、ボチボチ基礎練習も復活させる事にしてみました。
とういわけで本日は、なんだか超久しぶりのソルフェージュです。

だいぶ間が開いてしまったので、ソルフェージュ用のテキスト2冊目(子供用です)の最初からやり直してみる事にしました。



本当に久しぶりだったのでかなり苦戦するかと思っていたのですが、思ったよりはスムーズ進める事が出来ました。
ソルフェージュはサボっていたとはいえ、ウッドベースの練習はそれなりに続けていたので、思ったほどソルフェージュの能力も退化はしていなかったようです。
むしろ、練習を続けているおかげで多少向上していたりもするんですかね・・・
(プラス思考です)

ただし、音感とかリズム感の部分では思ったよりも感覚は活きていましたが、声域はサボっていた分狭くなっている気がします。

もともと歌は下手だし、声域も極端に狭いんです。
ソルフェージュの際も、なんだか悲痛な叫びのような声で高い音を振り絞ってます。
(本日は高い「レ」の音まで)



気持ちよく発声が出来る人は、きっとカラオケとかも楽しくなるんでしょうね。
もちろんそんな僕はカラオケも苦手(というか嫌い)です。





だけど、超久しぶりに取り組んでみたソルフェージュ、なんだかちょっと楽しく感じる事が出来ました。

そんな気分を大切にする意味でも、最低限数日は続けてみようと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。