ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2011/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0205.jpg

今月に入ってからは、またしても更新が滞りがちになってしまい申し訳ありません。

これまでの傾向としては、ガッツリ練習出来ている時にはBLOG更新も多めで、あまり練習出来ていない時にはBLOG更新は滞りがちになるといった感じだったように思います。
だけど最近は過去の傾向に反して、かなり順調に練習をこなせています。

最近復活させた1週間の1日平均90分ノルマも楽々クリアといった感じで、先週は合計1,000分超えを達成してました。
1週間の練習量としては過去最高かもしれないです。



そう考えると、やっぱり中高生が部活で音楽をやっているのって凄い練習量ですね。
彼らにしてみれば、1日平均2~3時間の練習であれば決してたいした練習量では無いでしょうからね。

若くて吸収も早い時期に、それだけの練習量をこなせるのってやっぱり羨ましいです。



ちなみに本日(もう昨日か)は4時間ちょっとの練習時間でした。
この勢いで当面はガンガン弾きまくりたいと思います!





と、まずは威勢の良い事を書いてみましたが、急激に練習量を増やしている事もあり、体には軽いダメージも出始めました。

まず、ばっちり強化出来たつもりでいた右手の指先が、本日(月曜日)練習後には少しヒリヒリしていました。
まだマメにまではなっていないようですが、このペースを続けると再びマメと付き合う事になりそうな気配です。

また、左手は親指の関節に軽い痛みが出始めてます。
無駄に柔らかい分、関節部分には負荷が余計にかかるらしいんですよね。
(こうした指だと、プロのマッサージ師になるには厳しいらしいです)



そんな中、左肩は順調に回復しているのを感じられています。
ゴールデンウイーク位までは、ウッドベースを弾く際には左肘を脇腹にぴったりくっつけた状態でないと辛かったんです。
脇腹に貼り付けて腕を支えるような感じです。

それが最近は、まだ僅かではありますが、少しづつ左肘を上げて演奏出来るようになってきました。

ただ、長い間左肩を使っていなかったため、筋力はかなり弱っているようです。
更に、まだ角度によっては痛みが出る事もあり、左肘を僅かでも上げると、左肩周りには余計な力が入ってしまいます。

おかげで、練習中は左肩がとにかく常に辛いです。





まあ、いよいよライブも迫ってきてますし、致命的な怪我はしないように気をつけなくてはいけませんね。
とは言いつつも、今はせっかくやる気モードになっているので、当面がガッツリ練習しておきたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。