ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2011/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0218.jpg

数日前から右足の太ももの前側に、身に覚えの無いアザが出来ていました。
10cm位の範囲に、斑点状にいくつものアザがありました。

気が付かないところで、ぶつけたか引っ掻いたかしちゃったかなぁなんて思いながら過ごしていたところ、翌日にはアザが明らかに悪化していたんです。
ぶつけてもいないのに、ある日突然アザが出来て、更にそのアザが日に日に悪化していくって、最初は結構焦りました。
もしかして、得体の知れないおかしな病気にでもかかっていたらといった不安がよぎります。



しかし、すぐに原因がわかりました。



今月からソルフェージュを再開していましたが、ソルフェージュの際に右手で右足の太ももを叩きながらリズムを取っているんです。
この時に強く叩きすぎていたため、右足はアザになってしまっていたようです。

高い声が出なかったり、休符を挟んだリズムが狂ったりするので、ついつい力が入ってしまうんですよね・・・

しかし、子供用のソルフェージュに取り組んでいるだけで、足にアザが出来てしまうほど力が入っているとは、いかにも悪戦苦闘を物語っています。





ちなみに、現在僕が利用しているソルフェージュのテキストです。



子供のためのソルフェージュ(1a)⇒
子供のためのソルフェージュ(1b)⇒



その名もズバリ、「子供のため」(?!)のテキストです。
本来は幼児に教えるのを想定しているテキストみたいです。

本の内容は、簡単なメロディの楽譜が延々と書かれているだけです。
8~16小節程度で1曲(??)になっているので、それらを1曲づつ口で歌うといった練習です。
もちろん歌詞は無いので、「ドレミファソラシド」の音名で歌ってます。



最初にウッドベースで音を出して基準の音を確認

伴奏無しの自前手拍子で歌う

メトロノームを鳴らしながら、ウッドベースで弾いて音を確認



ざっとこんな感じです。

だけどこれ、子供用とはいっても、35歳でウッドベースを始めた僕にとってはかなりの難問なんですよね。



前述した2冊のうち、1aの方はウッドベースを始めて2年目の頃に、ちょうど1年位かけて全てやり遂げました。
しかし1bの方に突入すると、当時はあまりにも難しくてなかなか前に進めないので、いよいよ嫌になってやめちゃってたんです。



今月からあらためて1bの方を最初から取り組み始めました。
以前に挫折した時と比べると、明らかにスムーズに前に進めています。

ウッドベースの練習を続けてきた事によって、相対音感も少しづつ鍛えられてきていたという事なんでしょうね。



以前に挫折した時は、ハ長調から調号のつく別の調に突入したあたりでした。
もうそろそろ以前に挫折してしまったあたりまで追いつくかと思いますが、今回は挫折せずに2b終了までなんとか頑張ってみたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。