ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2011/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0238.jpg

先週の土曜日のライブ後から、引き続き練習はお休みを続けてました。
ソルフェージュとスケールの確認程度で、弾く練習は完全休養中です。

ライブ前の練習量増加に伴って、左手の薬指の関節に痛みが出てしまっていたので、まずはこれを完治させようと思ってます。
痛みが出てからも、ライブまでの間2週間程度は弾き続けていたおかげで、結構こじらせちゃってるみたいですね。





だけど、左手の薬指って、本来一番使わないはずの指ですよね。
どうして今回薬指に痛みが出てしまっていたのかが不思議でした。



僕は薬指は中指にひっつけるのを目指して練習しています。
まあ、実際にはすぐに指が離れてしまいます。
それでも意識は続けているので、少しづつ中指と薬指がひっつく機会は増えてきました。



薬指で押弦するのは、もちろん基本的には小指と連動です。
ただ、中指で少し長目に弦を押さえる際などには、中指の爪の上を薬指で押さえて補助するのも癖になっちゃってます。

とはいっても、中指や小指の先の皮が厚くなっているのに比べると、薬指の先なんてペラペラのフニャフニャ状態です。
とても、中指や小指程に負荷がかかっているとは思えません。
しかも、強く押弦したからといって、強く押弦した際に痛めている薬指が特別痛むわけでも無いんです。



そこで、どうして今回、一番使っていないはずの薬指が痛みだしたのかを、いろいろと考えていたんです。
すると、答えらしき事が1つ浮かんできました。





前述したとおり、薬指は中指にひっつける事を普段から意識しています。
逆に言うと、意識しないと中指からは簡単に離れてしまいます。
(というか、意識していても簡単に離れていきます。)

こうして薬指を中指にひっつけようとしている時って、薬指に物凄く無駄に力が入ってしまってるんです。
もちろん、力を入れたいわけでは無く、ひっつけようとすると勝手に力が入っちゃうんです。





「まことちゃん」という漫画に出てくる、「ぐわし」って有名なポーズ(?/↑写真)がありますよね。
あの指の形をする時って、めちゃめちゃ無駄に指に力が入ってしまうと思うんですけど、ちょうどあんな感じです。

ちなみに余談ですが、弦楽器のスペシャリストになると、ぐわしもリラックスして出来ちゃったりするんですかね?!
もしもそうだとすると、かっこいい(?)です!





というわけで、薬指を痛めている原因ってこれじゃないかと思うんですよね。
実際、押弦せずに(楽器を持たずに)中指に薬指をひっつけるだけでも、やっぱり薬指に痛みが走ります。

しかもそれだけでなく、よくよく薬指を観察してみると、中指で押弦して薬指を浮かしている時でさえ、薬指は結構力んじゃってます。
中指で押弦した状態で、浮いている薬指を右手で触ってみると、関節がカチンコチンに固まっていて動かないんです。





まったく、どれだけ無駄に力が入っちゃってるんですかね・・・
もちろん力なんて入れたく無いんですけど、勝手に力が入っちゃうのでは困ったものです。



薬指を脱力する作戦って、何か無いもんですかね・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。