ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100309_145026_ed.jpg

それにしても連日天気が悪いですね。
気温も低いので、今も指先がかじかんでいます。

こう寒いと、練習始めは指が動きません。
更に、指先の触感(?)も鈍くなっているので、ウッドベースを弾いていてもなかなかしっくりこない感じがします。

そういえば、寒いと弦が固いといったお話を伺った事もあります。
だけどこれについては、まだ僕には感じとる事が出来ていません。

更にデリケートな感覚が必要なのか、それとも単に僕が気にしなすぎなのかはよくわかりませんが、固いと感じずにいられる事は良い事だとプラスに捉えておこうと思います。





ちょっと前の日記に、テンポ130ばかりを演奏していたため、それ以外のテンポが合わなくなったといった事を書きました。
それ以降、なるべくテンポにも変化をつけるようにしています。



相変わらず曲のベースラインを弾く前には、必ずその曲のメロディを弾いてみるように心がけています。
メロディを弾く場合は8分音符や3連譜などが出てくるため、シンプルな4ビートを刻むのと違って、当然早いテンポは厳しくなります。

もちろん、曲ごとに対応出来るテンポも異なってきますよね。
というわけで、今の僕がメロディを弾く際の限界は↓のような感じです。



Softly as in a morning sunriseを、青本記載のテンポ176
→ギリギリOK

Fourを、Softly・・・と同じテンポ176
→ゆとりを持ってOK

Fourを、青本記載のテンポ200
→途中からテンポについていけずにNG



僕がメロディを弾けるテンポはざっとこんな感じです。
ちなみに弾いているメロディも、↑の場合は青本記載の楽譜通りです。

だけどテンポ200程度でいっぱいいっぱいだと、弾ける曲が限られてきちゃいます。
もうちょっと早く指が動いてくれるようになるといいんですけどね。



メロディを弾きはじめたのはこの1年位ですので、これを続けながら、少しづつ早いテンポに慣れていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1002-130cb3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。