ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100411_114353_ed.jpg

昨日はJ-flowさんのセッションへと出かけてきました。
毎度の事とはいえ、やっぱりいろいろとやられて凹んでます・・・



それにしてもメンタル弱いです。
この事が本当に情けないです。

コードをたて続けに間違えてしまった事で、焦ってロストしちゃったり・・・
休憩時間で楽器をスタンドに片付ける際に「あ、足をしまわなきゃ駄目だよ!」からアタフタした挙句、E線側を下にしてベースを置こうとして怒られちゃったり・・・

とにかく、落ち着いて冷静であればなんてこと無いような事を立て続けにミスしてしまいます。
(こういう余裕の無さって、悪い方に悪い方にループしていきますね・・・)





昔、競技でスポーツをやっていた頃は、それなりにあつかましい方だと思ってました。

受付で世界チャンピオンと一緒になったりしても、相手を見ながら「俺の方が早そうだけどなぁ・・・」などといった事を心の底から思えていたんです。
全くもって根拠の無い自信なんですけどね・・・

音楽でも、こうした痛いほどのお寒い勘違いを、多少でも出来れば良いんだけどなと、しみじみ思ってしまいます。

「勝負出来る!」と思って臨むのと、「駄目駄目だけど頑張らなくちゃ!」と思って臨んでる違いなんでしょうね。





昨日演奏した曲の中に、I'll remember aprilがありました。
この曲を演奏したのって始めてだと思います。

フロントの方からこの曲をご指示いただいた際に、まず、なんだかテーマが長そうだという事に戸惑いました。
更に怯んだのが、出だしのコード進行です。



出だしの8小節が、



G G G G
Gm Gm Gm Gm



↑って・・・

前から言ってますけど、同じコードがそんなに連続しちゃったら困りますから!!!



以前と比べれば同じコードの連続にも多少は慣れてきた(精神的に)とはいえ、GとGmで8小節も続いてしまったら、かなり涙目です。
そんな感じで、「頑張らなくちゃやばいな・・・」と思いながら演奏が始まりました。



すると、スタートからいきなり変テコなリズムが僕の回りで鳴り始めました。
いわゆるラテン系のリズムです。

僕の頭の中では、通常のスイングの4ビートしか想定されていません。
そんな想定外のリズムが突然鳴り始めても、Gの呪縛に完全に犯されてしまっている僕の体が、反応出来る訳などありません。

更に、パニックに陥りながら僕がGと格闘していると、今度は突然通常のスイングの4ビートに変わっちゃいました?!?!



2度目のAメロになった際には、またラテン系のリズムが始まりました。(対応は出来ない・・・)
そこで、どうやら曲の最初の部分だけリズムを変えているといった事を理解しました。

ちなみに、その後のソロ部分ではスイングの4ビートのみでした。

結局、後テーマになって、2回目のAメロがはじまった時だけ、ようやくリズムの変化に反応出来ました。
とはいっても、その時点ではどこまでがラテンなのかが解っていないので、12小節目までを僕だけ変なリズムで突き進んじゃいました。
(最初の8小節だけをラテン系のリズムで演奏する事がしばしばあるといった事を、演奏が終わってから教えていただきました。)



こうした周りの変化に対応していく事が楽しかったりするんでしょうけどね・・・
今の僕には「あっ!!!」と思っても、それに反応出来るだけの余裕がありません。





最後に、昨日演奏させていただいた曲をメモ書き程度に残しておきます。



East of the sun
Confirmation
Come rain or come shine
All of me
I'll remember april
酒バラ
ブルース(F)

その他、忘れちゃいましたけど2曲位





こんな駄目駄目な感じにも関わらず、最後まで暖かくご一緒させていただいた皆様、本当にどうもありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ(`・ω・´)
同じコード続くときは
ハイポジションまでの
上がり下がりができると
素敵だなぁと思います。

僕はまだそのような躍動できませんが(笑
2010/04/13(火) 00:14:53 | URL | jazzcat #-[ 編集]
>ハイポジションまでの 上がり下がりができると 素敵だなぁと思います。

あっ、これすっごく解ります。
綺麗に上って下ってが出来ると、かっこいいというか、なんだか気持ち良いですよね。
マイルスのBye bye blackbirdでポールチェンバースが弾いているラインがまさにそんな感じでめちゃめちゃ素敵だなと思っていまいた。
だけど、実戦で出来るようにしようと思うとなかなか大変ですね。
僕も出来るようになるにはまだまだ先になりそうです。
2010/04/17(土) 19:39:18 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/23(火) 13:31:54 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1021-d10f8937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。