ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100414_191820_ed.jpg

練習でオルタネイトピッキングを多用すると、簡単に右手指先がヒリヒリしてきます。
やっぱり、練習不足で指先が弱ってきているのは間違いなさそうです。





やっぱり2ビートがしっくりきません。
4ビートで4つ刻んでいる時は大丈夫そうなのですが、2ビートだと、あきらかにブレーキがかかったような感じになってしまいます。



ボサノバの伴奏の時にも同じような感じがあります。


タン、タタ?ン タン、タタ?ン


のリズムで弾いている時にはそれほどでは無いのですが、


タタ?ンタタ?ン タタ?ンタタ?ン


で弾いてみると、2ビートの時と同じような、ブレーキがかかりまくった、全く推進力の無い演奏になってしまいます。





マイルスのアルバムで演奏しているポールチェンバースの演奏を聴くと、テーマ部分の2ビートでも凄い推進力を感じます。
拍に対して、微妙に食い気味に入っているんですかね・・・
いずれにしても、とても心地良い推進力を感じます。



練習では自分なりに自分のタイミングを考えてみているのですが、鳴らすべきタイミングを感覚として捉えきれていないのが一番大きな問題だと思いました。

なんだか推進力の無い演奏だと感じる為、微妙に音を出すタイミングを早めようとしてみたりします。
ところが、正しいタイミングをつかめていないままに音を出すため、音が出るタイミングにバラつきまで出てしまうようです。



そこで、まずはドンピシャのタイミングをしっかり掴む事を考える事にしました。



普段の練習でメトロノームを鳴らす際には、ほとんどが2拍4拍にクリックを合わせています。
だけど今回は、1拍3拍に合わせる事にしました。

普段鳴らしている2拍4拍のクリックが体に染み付いてしまっているので、突然1拍3拍に合わせようとするとかなり戸惑いがありました。
最初のうちは、頭の中を1拍3拍でスタートしても、いつの間にか勝手に2拍4拍に戻ってしまったりしてしまいます。

慣れていないせいなんでしょうけど、1拍3拍のクリックってめちゃめちゃ弾き難いですね。



それでも続けているうちに、少しづつ1拍3拍にも慣れてきました。
だけどやっぱり、クリックの音を集中して聞いていると、自分の出す音がずれてしまいがちです。
そのずれ方が安定していないというのも大きな問題に思います。



4ビートで4つ刻んでいる時って、自分でもなんだか気持ち良く弾ける事が多いです。
だけど2ビートだと、4ビートの時のような気持ち良さが無いんですよね。

2ビートだと、なんとなくノリきれないような感覚なんです。
気持ちよく「ノレル」タイミングというのをつかめていないため、結局鳴らす音も、当然のようにずれてしまうんでしょうね。





先日の日記に書いたスポーツメンタル43の強化法では、右脳を働きを強化する事が重要だといった事が書かれていました。

ふと思ったのですが、リズム感って、脳の右と左、さらにはどの部分が司っているんですかね・・・

それによって、リズム感の向上につながるトレーニングとか習慣というのが導き出されそうに思いました。





「ココ!」というタイミングを、しっかりと自分の中で捉えられるようにしたいです。

音感とリズム感、昔流行った(小?中学位?)睡眠学習とかで身についてくれたりしないかなぁ・・・
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/17(土) 15:00:44 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/17(土) 15:17:25 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1026-c9699453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。