ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100417_164640_ed.jpg

久しぶりにスケール練習をロングトーンでゆっくりと実施してみました。
すると、かなり左手が辛いです。
先日のサラサーテに記載されていた押弦方法も施行錯誤していますが、そう簡単には楽に弦を押さえられるようになんてなりませんね。

また、ここ数日は、左右ともに指先がヒリヒリしてます。
↑を書きながら、今、右手の指先を見てみたら、また新しくマメが出来ちゃってますね・・・
(練習してる時は気がつかなかった)

やっぱり、いろいろな所に練習不足が出てきてしまっているようです。





数日前の日記にも書きましたが、やっぱり2ビートや、変則的なリズムなどをしっかり刻む事が出来ません。
練習ではメトロノームのクリックを1拍3拍に鳴らしています。
1拍3拍で、クリックにきっちりと自分の音を合わせようとしているのですが、思いのほかうまくいかないんです。



4ビートで4つ刻むのであれば、それなりには合ってると思うんです。
ところが、2ビートや変則的なリズムになると、途端に合わせるのが難しくなってしまいます。





本日は、最初にテンポ160でボサノバの練習をしていました。

演奏を始めた直後は、なんとなく「こんなもんかなぁ・・・」といった感じです。
ところが、演奏が進むに従って、明らかに自分のリズムが遅れていくのがわかります。
なんだかメトロノームのクリックに急かされている感じになってきてしまうんです。



そこで、後半はテンポを120まで落として練習してみました。
ゆっくりのテンポの中で、出来るだけしっかりと拍を感じながら音を鳴らすように心がけて練習です。

これだと、テンポ160の時よりは大分マシになるみたいです。





それにしても、今更ながら自分のリズム感の無さにがっかりですね・・・
そもそもリズム感って、練習以外では、何時何処で身に付けられていくものなんでしょう??





村上ポンタさんが若い頃には、ひたすらドラムの音を口で歌っていたといった話を聞いた事があります。

「弾く」練習だけでなく普段の生活から、こうしたリズムに触れているのが大事なんでしょうね。
なかなか思うようにリズムを刻めない状況に陥りながら、↑のような事を感じていました。




毎度毎度で書いてますが、「音感」と「リズム感」が欲しいです。
気がついたら身に付いちゃってるような「催眠術」とかがあるといいんだけどなぁ・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1029-bffcbed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。