ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100626_160154_ed.jpg

↑写真は、昨日のスタジオセッションでピアノさんが持参されていたピアニカです。

僕の知っているピアニカって、プラスチック製だけです。
ところがこのピアニカは、ボディも金属で出来ており、いかにも高級な感じです。



ピアニカとか、ハーモニカとか、パンディーロのように、子供の頃に慣れ親しんでいたような楽器で素敵な演奏が出来るのってかっこいいですね。
(パンディーロとタンバリンの違いがよくわからないです・・・)





というわけで昨日のセッションですが、相変わらず僕にとっては辛く苦しい時間でした。
原因はもちろん、僕の演奏が下手過ぎるからに他なりません。
とにかく、周りの方と比べて圧倒的に下のレベルですからね・・・

ベースソロが未だに弾けない上に、ボサノバやラテン調のリズムを求められた時にも、いまひとつ乗り切れないリズムであるのを自分でも感じます。
また昨日は、スローテンポにも耐えられずに、少しづつ早くなってしまったりもしました。

こうした状況でご一緒させていただけているのが、どうしても心苦しくなってしまいます。





今の僕にとって一番の問題は、練習量がめっきり落ちてしまっている事です。
演奏が下手なのは仕方無いとしても、せめてそれなりに練習しなくてはいけないと思います。

ところが今年に入ってからは、全くもって練習が足りていません。



昨年夏から秋にかけては結構な練習量を確保出来ていたと思います。
当時は毎週のように、一日あたりの平均練習時間が90分を超えていました。

それがここ数ヶ月は、昨年と比べると半分以下に落ち込んでいると思います。

昨日のセッションでも、情けない事に終盤は左手で弦を押さえるのがかなり辛く感じました。
フィジカル面でも確実に弱ってしまっているようです。



昨年と比べると、仕事に割いている時間が確実に伸びているのが原因なのですが、練習についてはもうちょっとなんとかしたいですね。
(仕事が順調なのは本当にありがたいのですが・・・)





ちなみに本日は、90分程度自宅で練習してみました。

なんだか指先がヒリヒリする上に、左手で弦を押さえる際には明らかに昨日の疲れのような物を感じます。
練習不足で鈍った体が、本当に情けない限りです。





一番下手な僕がまともに練習していないというのでは、やはり周りの方に失礼ですよね。
次回セッションまでは反省して、少しでも練習量を増やしたいと思います。

まずは昨秋ほどとは言わないまでも、毎日確実にウッドベースを弾く時間は作るように心がけます。





あらためまして昨日ご一緒させていただきました皆様、どうもありがとうございました。
諸々反省して次回に臨みたいと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1057-3a4cc392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。