ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100711_181802_ed.jpg

先程参院選の投票を済ませてきました。

ふと思ったのですが、投票所ってBGM無しですよね。
そのせいもあると思うのですが、投票所内が妙に重苦しい雰囲気に感じるのって僕だけじゃないですよね。

ガンガン音楽を流して楽しい雰囲気にしてしまえば投票率も多少は上がるんじゃないかななどと考えてました。

投票所って小学校や中学校が多いですよね。
体育館にせっかくステージがある事ですし、いっそステージでライブでもやりながらお祭りチックにしてしまえば楽しそうです。



だけど良く考えてみると、流す音楽のジャンルによって、投票に足を運ぶ世代や、投票に訪れる人の思想などが偏る恐れがありそうです。
となると、やっぱりBGMは無しにせざるをえないといったところなんでしょうか。



選管に見張られながら、ずっしりと重たい空気の中で投票しなくてはいけないあの感じ、なんとかならないものかなぁ・・・





久しぶりにTake the 'A' Trainを弾いてみました。
いつもの通り、まずはメロディから練習です。

この曲って、ウッドベースを始めた当初からいい曲だなと思ってました。
練習でも、練習を始めて4曲目か5曲目位で取り組んでみました。



とはいえこの曲、いざ演奏しようと思うと、めちゃめちゃ難しいです。
お約束のイントロ部分なんて更に難しすぎるので、未だに練習でもパスしちゃってます。



テーマ部分も、ウッドベースで弾こうと思うと、ネックの結構下の方まで使わなくてはいけない上に、ポジション移動も多いですよね。
やっぱりネックの下の方のポジション移動となると、未だにスムーズには行う事が出来ません。
頭の中にネックの各ポジションの音を一度浮かべなくては、各音のポジションに反応出来ないんです。

そういった意味では、こうしたポジション移動の多い曲を積極的に練習すべきなんでしょうね。





ちなみに、Take the 'A' Trainの「'A' Train」って何と思ってました。
先程調べてみたら、ニューヨークのハーレムを通ってる電車の事なんですね。



一応時効だろう(?)という事でちょっと書いちゃいます。

10年位前にニューヨークに行った時、ハーレムのメイン通りからセントラルパークまで、住宅地みたいなエリアを抜けながら歩いてみた事があります。

10年前であれば、ハーレムとはいってもメイン通りは観光客が多くて、それ程危ない感じではありませんでした。
だけど流石に、メイン通りを離れて住宅街に入ってしまうと雰囲気がガラッと変わったのを覚えています。

当時はまだ多少体力もあったので、20?30mもアドバンテージがあれば、何かあっても走って逃げ切れると思ったんです。
(バンッって撃たれたら、一発で終わっちゃうんですけどね・・・。若気の至りです。)



当時は音楽なんて全くやっていなかったのですが、それでもハーレムというとジャズのイメージはありました。
そうした漠然としたイメージに近いような物が、裏道に入っていくと何か見れるかなぁと思ったんです。

だけど、実際に歩いてみたハーレムは、ちょっと怖い雰囲気でした。
(時折視線が突き刺さるのを感じた・・・)



今ニューヨークに行ったとしたら、そんな危ない事はせずに、普通にハーレムのジャズクラブ巡りなんかやってみたいですね。
やっぱりニューヨーク行きたいなぁ・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1064-6ee435be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。