ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100715_180822_ed.jpg

↑写真はたまたま工房で見かけた手術中の楽器です。
元気に復活出来ますように?





先日知人のピアニストさんが事故で手首を捻挫しました。
当面は手首が痛くてピアノも弾けなくなってしまったそうです。

こうした事故や怪我って、やっぱり怖いですね・・・
確かに僕も以前に手首を捻挫した際に、半年以上痛みが残っていた事がありました。
特に手首って普段から何かと使ってしまうので、治りが遅いみたいです。

M様どうぞお大事になさってくださいね。
人事だと思わずに僕も気をつけるようにします。





更にもう1つ知人のミュージシャンのお話です。

その方はドラマーさんなのですが、ドラム教室を本格的に始めてみようかとの事でした。
メジャーなアーチストさんのサポートで演奏しているようなベテランのドラマーさんで、僕もライブを何度か拝見した事があります。
人柄も素敵な方なので、すぐにでも始めるべじゃないかなと無責任に考えていたのですが、なかなか難しいみたいですね。
何より場所の問題が大きいみたいです。

ドラムの場合なかなか自宅で音を出すというわけにもいきません。
となると、スタジオを借りるという事にならざるをえないようですが、スタジオ代+レッスン代となってしまったのでは結構な金額になってしまいますもんね。



そこで、自宅に防音室を入れてしまうのってどうなんだろうと思い調べてみました。



ヤマハ防音室製品ラインナップ⇒



値段高っ!!



知らなかったんですけど、防音室ってこんなにするもんなんですね。
極端な話、厚さ100mmの発砲スチロールのボードで6面組み立てて、床にベニヤを敷くだけでもかなり防音になりそうな気がするんですけど、そんなに甘く無いんでしょうか??
(その場合、ドアと喚起はどうしたら良いんだろう??)

そんな感じのDIY用簡易キットを10万円以下で販売出来たら、結構ニーズがありそうだけど難しいのかなぁ・・・





↑のような防音室が出来れば、ドラムの場合スカイプでもレッスンが出来るのではないかと思ったんですよね。
更にこれって、ウッドベースでもスカイプである程度はレッスンが出来そうに思うのですが、やってる人っていないですかね・・・
もちろん、細かい指の動き等の技術指導となるといろいろ難しそうですが、ある程度の問題点の指摘であれば十分可能だと思うんです。

実は僕自身が最近ウッドベースの教室を探しながら、こうしたサービスがあれば是非活用してみるんだけどなといった事を考えていました。



定期的にレッスンに通っていない人も、普段の練習やセッションの中でちょっとした疑問や技術面でのアドバイスをもらいたくなる事って結構あると思います。
(僕がまさにそうです・・・)
そんな時にお手軽料金で、更に自宅に居ながらにしてお手軽にレッスンを受ける事が出来れば、絶対にニーズがあると思うんです。
なんといっても、インターネット経由でのレッスンであればエリア関係無しの日本全国(言葉さえクリア出来れば全世界?)が対象になります。



最近、スカイプを使ったフィリピン人との英会話教室が流行ってますよね。
(僕もやってみようかと少し考えています。)

これの音楽版だって十分可能に思います。





このサービス、自分に教えるだけの腕があれば、絶対にやってみるけどなぁ・・・
コメント
この記事へのコメント
Dr60
ドラムの遮音が、最も難しいです。ヤマハなどで扱っている防音室は、最も遮音性能が高いものでもDr40くらいですが、Dr40だと、トランペットでも厳しいかもしれません。目安としては、サックスくらいまででしょうか。

ドラムはDr60が必要らしいですし、振動を伝えないようにするために、工夫が必要ですから、簡単ではないのでしょう。知人がセッション可能な店を開店したとき、近所からドラムの音で苦情が来ないようにするために、防音マットの位置を、色々と工夫していたようです。
2010/08/03(火) 22:14:00 | URL | ひらさわ旦那@元ドラマー #-[ 編集]
以前、大変お世話になった音楽好きの恩師(故人)の若い頃の思い出話で
・・・夜遅くに何やら遠くからボンボンと低い音が聞こえてきて、何だろか?と其方の方をみると一キロ程離れた進駐軍のキャンプ(基地)で煌々と灯りが灯り、何やら賑々しくパーティーの真っ最中の模様。

他の楽隊の音は聞こえて来ないのに件のボンボンはウッドベースの音のようだと合点し、
ベースの音ってこんな遠くまで響くのには驚いた。と何度も聞かされました。
当時はアンプも無い時代ですから、当然生音!?

ということで、
ドラムも含めて低音域を完全に遮音させるのは困難です。
2010/08/05(木) 22:19:58 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
ひらさわ旦那@元ドラマー様

(ひらさわさん、この名前見て笑っちゃいました・・・)

Dr40とDr60の感覚がわからないのでピンとこないのですが、それでもヤマハの最高レベルよりも20%増しって凄そうです。
たしかにスタジオの演奏なんかでも、防音扉の外にはドラムとベースの音だけしっかり響いてきますもんね。

> 振動を伝えないようにするために・・・

音というよりは、もう「振動」なんですね。
これを完全に押さえるのって、都市銀行の地下金庫といった感じでなければ厳しそうですね。





モリ@ベース様

1km先ですか・・・
なんだか昔の原宿ホコ天の爆音を思い出しました。
たしかにあの頃も、遠くにいけば行くほど、地鳴りのような重低音だけが響いてきていたように思います。

しかし生音ですらそんなに遠くまで響くって、一般家庭での練習にはやっぱり気を遣うわけですね。
僕自身夜練習はあらためて気をつけようと思いました。
2010/08/30(月) 11:52:30 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1071-94b48e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。