ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幡野先生が使っていたメトロノームです・・・、なんだか歴史を感じます。

久しぶりにウッドベースのレッスンに出かけてきました。
かれこれ2年ほどレッスンには出かけていなかったので、「久しぶり」と言ってしまうのも憚るくらいです。

そんな超久しぶりのレッスンをお願いしてきたのは、先日セッションでお邪魔させていただいた横浜ジャムラボ幡野謙司(はたのけんじ)さんです。





2年程前にウッドベースのレッスンを中断した際、しばらくは1人練習(レッスン無し)でいいかなと思っていました。
それでも、1人練習だけで1年近くも経過した頃には、そろそろ習いに行きたいなと思っていたんです。

だけど、あらためて誰かに習いに行くにあたっては、先生を選択する基準というのがいろいろと出てきます。

初めてウッドベースを習いに行った時は、選択基準が「場所」「時間」「費用」の3点のみしかありませんでした。
何1つ解らない状況ですので、先生を選択する基準だって何も無いですもんね。



その後、少しづつ経験を積む中でおぼろげながらも、自分の出してみたい音であったり、取り組んでみたい活動であったりといった事が出てきました。
「ウッドベース」「ジャズ」「音楽」といった事を学ぶにあたり、取り組むべき要素や練習法に対しての「好き嫌い」や「向き不向き」といった事も自分なりに感じています。
更に僕の場合、過去に御二人の先生に習いに行った事があるのですが、その際の経験も踏まえて、これから習う先生を選択するという事になります。

こうした、ある種のわがままが芽生えた状況で先生を探すとなると、なかなかネットの情報だけでは判断が難しく思います。

そこで、先生選びは特に焦らずのんびり考える事に決めていました。
ライブやセッションに出かけた際に、「この人に習ってみたい!」と思える方に出会ったら、その時にレッスンをお願いしてみようと考えていたんです。



そんな風にのんびり考えている中で、1年以上も経過してお願いしたのが今回のジャムラボマスターの幡野謙司さんでした。
となると、何がそんなに良かったのかといった事になりますよね。

かなりの失礼を承知で書かせていただきます。
今回幡野先生にお願いした一番の理由は「緩い感じ」に凄く惹かれてしまったからです。





幡野先生には、先日のセッションで始めてお会いしました。
その時の幡野先生は、お店のマスターで、セッションのホストベーシストといった立場です。
そんな立場で、セッションを仕切りながら時折ご自身でも演奏して下さっていました。

その時に、幡野先生の出す音やベースソロが素敵だなと思いながら演奏を聴かせていただきました。
だけど、更に惹かれてしまった(あれっ、これは失礼か)のは、セッションを取り仕切る指示や、各演奏者にアドバイスをしている時の「緩い感じ」です。



「いいんじゃない」
「大丈夫大丈夫」
「う?ん、なんかそんな感じ」
「あとは上手くやってよ」
etc・・・



↑のようなまさに緩?い感じなのですが、先日の日記にも書いたとおり、セッション自体はピリッとしまった素敵なものでした。
そんな絶妙なバランスが凄く良いなぁと思ったんです。

HPを見て、マスターがレッスンもやっているというのは把握していたため、セッション終了後にすぐにレッスンのお願いをして帰ってきました。





そんな幡野先生のレッスンですが、やはり緩?い感じでスタートしました。
詳細はまた近日中に日記に書こうと思いますが、僕自身はなんだか凄く良い感じに思えています。

初回のレッスンはどちらかというと、僕自身のレベルや問題点を見極めるといった内容でした。
というわけで、本格的なレッスンは次回以降になると思います。



今後の幡野先生のレッスンがどんな展開になっていくかというのはまだまだわかりません。
だけど、初回のレッスンを受けた限りでは、なんだかいろいろ楽しみになってきました。



1回/月程度ののんびりしたペースで考えているのですが、次回はちょっと早めに出かけてみようと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1077-d759ee7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。