ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100830_095238_ed.jpg

先日の日記にも書いたように、レッスンで出していただいた宿題に連日取り組んでいます。



◇宿題
1- ブルースのコード進行で、ブギのリズム(?)を全キーで弾けるようにする。
2- There is no greater loveの進行で、各小節ごとにスケールを弾いてみる。



しかしこれ、ひたすら辛いです・・・
特に1番目に関しては、心身ともに連日辛さに蝕まれています。

これまであまり意識した事が無かったのですが、左手のポジション移動が続くと、異様に左手が辛くなりますね。



1番の練習では3コードのブルース進行で練習をしています。
2小節にわたって同じコードが続く部分は、

1度3度5度6度1度6度5度3度
→高い音→  →低い音→

で弾いています。
あとは9小節目、10小節目だけを、

1度3度5度♭7度

にしてみています。
そうすると、基本的には1音ごとにポジション移動が必要になりますよね。
これが、思いのほか辛い事に気がつきました。
(5年目にして今頃かといったご指摘をいただいてしまいそうですが・・・)



ポジション移動をしていると、腕の動きを止めるのに、指で指板を掴む力も使っているという事なんでしょうか??
ポジション移動無しで弾いている時とはまったく比べ物にならない程に左手が辛くなります。

これを更に全てのキーでという事なので、練習では2コーラスづつ半音上げていきながら弾いています。
ただでさえ左手が猛烈に辛いのに、同じメロディ(?)をひたすら繰り返す感じというのが、精神的にもどんどん追い込まれていきますね。



ウッドベースの練習を始めた当初から、「全てのキーで・・・」という言葉を耳にする事が頻繁にありました。
だけどこの類の練習って、正直言ってどれも本当につまらなくて辛い印象が残ってます。
(2小節同じコードが続く際のお約束フレーズを、眠気をこらえてひたすら繰り返していた事などを思い出します。)



肉体的苦痛 + 精神的苦痛・・・
(「辛(つら)つまらない」とでも言ったらいいのでしょうか??)



この課題を指示された時も、幡野先生は「まあ、こんなのでも練習してみよっか・・・」的な、緩?い感じのお気楽な雰囲気でした。
だけど、間違いなくこうした辛さを解っていながらの指示だったんでしょうね・・・





ちょっとだけ話は変わりますが、レッスンの途中でフォームに関する質問もしてみたんです。
するとその時に幡野先生が、「結局練習していく中で、自分で弾きやすいと思ったフォームが一番良いフォームだったりするんだよな・・・」といった事をポロッと仰ってました。
だけどその直後には独り言のように、「だけどそれって、本当に物凄い量の練習をこなさなきゃいけないんだけどね」とも仰ってました。

僕に強く言ってきかせるというよりは、思っている事をなんとなく口にされているような感じです。



なんだかこれ、凄く解る気がします。

オリンピッククラスのマラソン選手のランニングフォームだって、結局みんな全然違ってますもんね。
だけどどの選手も、結局はロスの無い走りになってるんですもんね。

これだって、毎月毎月1,000km前後の距離を走りながら勝手に身に付いたフォーム(ちょっと語弊があるかもしれませんが)でしょうから、結局はそういった事なんでしょうね。





今回の「辛つまらない(?!)」宿題も、こうした幡野先生の基本的な考え方があっての課題なんだろなというのを、顔を苦痛で歪ませながらの練習の中でふと思いました。
こうした幡野先生の方針に従って練習していく中で、半年後や1年後に僕自身にどういった変化があるかというのが楽しみです。





だけど幡野先生・・・
継続するにはあまりにも辛くてつまらない(すみません・・・)ので、いずれはもうちょっと甘やかした課題もいただけると嬉しいです・・・
コメント
この記事へのコメント
嫌いなキー
 僕はDbとかAbなんかが嫌いです。
 開放弦が使えないからね。
 12キーで練習するとは真面目ですねぇ。 私にはとても。。。
 Ebってゆーのが意外と弾きやすかったりします。
 選り好みしちゃいかんのですけどね。
2010/08/30(月) 23:11:55 | URL | どてら #e/PR8CMk[ 編集]
D♭凄くわかります!!
A♭は比較的遭遇する機会があるので、渋々弾いてますが、4番線でA♭に反応するのとかって確かに凄く抵抗があります。
スケール練習でも、A♭って確かに開放弦が使えなくて嫌だなといったイメージがありました。
どてらさんでもこうして嫌いなキーがあるというのを聞くと、ちょっと心強い(?)です!
2011/01/17(月) 21:09:46 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1080-ad0a3bf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。