ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100831_101830_ed.jpg

本日は、昨日書いた宿題の続きです。



◇宿題
1- ブルースのコード進行で、ブギのリズム(?)を全キーで弾けるようにする。
2- There is no greater loveの進行で、各小節ごとにスケールを弾いてみる。



本日は↑宿題の2についてです。
これまたこの宿題も大苦戦しています。



幡野先生からの指示は、適当にリズムをつけて、各小節ごとにスケールを鳴らすといっただけなんですが、これまたなかなか難しいです。
まず、何が難しいって、今の僕は記載されているコードを見ただけでも、咄嗟に使えるスケールなんて頭に浮かびません。
使えるスケールを考えて、そのスケールに含まれる音を把握するためには、情けない事にノートと鉛筆が必要です。

スケールや転調に関しては、昨年市谷低音ゼミナールで勉強しました。
(この本、本当に役立ってます/ご紹介いただきましたohjiさん、あらためてありがとうございました)

そのおかげで、各小節で使える基本的なスケールに関しては、ある程度は判別出来るようになっていると思います。
だけどあくまでも、5線譜に音符を書き出してみたり、指を折って数えてみたりといった情けない工程がいまだに必要です。



もちろん出来ない理由は、日常の練習で取り組んでいないからであって、本来はこうしたタイミングで積極的に勉強すべき事なんだと思います。
だけど、今回の宿題に関しては、目的がこうしたスケールをきちんと覚えるという事とは別のところにあるようです。



先日のレッスンで宿題を伝えられた際に、使えるスケールに関して質問してみました。

「え?っと、ここは○○スケールで良いですよね?」

すると、

「あっ、いいのいいの適当で。分散和音に関しては間違えちゃだめだけど、間の音はその時々で使えるスケールなんていろいろあるから、取り合えず適当でいいよ。」

といった答えが返ってきました。



あくまでも今回の目的は、咄嗟に分散和音に反応出来るようにするといった事がメインであるようです。





ちなみに僕自身、この経過音に関する先生からのご指摘に関しては、依然から全く同様の疑問を抱いていました。

「ここは○○スケールで捉えているから、使っている音は□□と△△で・・・」

↑のような説明を受けるたびに、結局経過音ってほとんど何でも良いんじゃない??といった事をすごく感じてたんですよね。

チャーチモードの基本的なスケールがあって、その他にコンディミとかホールトーンとかがあって(このあたりは復習しないと音を忘れてる)、何故かペンタトニックなるものもあって、更にマイナースケールも種類が分かれて・・・

「結果だけみたら、結局どの音も使えてませんか???(もちろん検証はしてません・・・)」という素朴で不謹慎な疑問を抱く人って、きっと結構いらっしゃいますよね。





と、勢いで↑のような事を一気に書いてしまいましたが、だからといって出す音は何でも良いと思っているわけではもちろんありませんからね!
(これ、ちゃんと触れておかないと怒られちゃいそうです・・・)



ジャズのセッションの場で演奏する際には、

「自分で出している音を、きちんと説明出来ないといけない/説明出来ない音はなるべく出さない方が良い」

といった事を過去のレッスンで指摘された事があります。
これはこれで凄く理解出来るんですよね。

そんな事もあって、僕は未だにアドリブでラインを弾く際には、各コードの1度3度5度7度の音と、半音繋がりのクロマチックノート、あとは丸暗記したフレーズ以外は出来るだけ弾かないようにしていました。





これまで僕が接してきた先生方は、こうした理論に基づいて、使える音をその都度細かく説明してくださりながらのレッスンでした。
ところが今回の幡野先生に関しては、このあたりの感じがこれまでと大きく異なっています。

表現が適切かどうかはわかりませんが、「理論派」に対して「実戦派」とでも言うのでしょうか。

もちろん、今の僕にはどちらが正しいといった判断は出来ませんし、きっとどちらも良いのでは無いかと思っています。
あわせて、過去のレッスンの方向性を否定しているわけでもまったくありません。

ただ、今の僕は今回の幡野先生のような方向性でしばらくは進んでみたい気がしています。



ただし、正直言って、この感じってジャズ関連の先生の中では凄く異例のように思ってます。
これまで直接習ったり、ちょっとアドバイスいただいたりなどした皆様の中には、なかなかこういった感じの方がいらっしゃらなかったんです。

というわけで、先日も書きましたが、こうした方向性の中で半年後や1年後にどんな感じになっているかというのは楽しみですね。





で、宿題に戻りますが・・・

経過音は適当にといっても、結局スムーズにはなかなか音を出せません。
先日の日記にも書いたとおり、コードの1音目にルート音を押さえれば、そこを基準に3度や5度、7度などは押さえる事が出来ます。
ところが、間に関係無い音(ポジション)を挟んでしまうため、3度や5度、7度の位置が一瞬頭から消え去ってしまうんです。

だけどこれを乗り越えて、いつでもどこでも先生の言う分散和音を押さえる事が出来るようになれば、ベースソロを含めてなんだか可能性が広がりそうですね。





しかしそれにしても、この融通のきかないガチガチ頭と体が情けない限りです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1081-57cc54f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。