ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎度毎度まったくもって無意味な写真で申し訳ありません・・・

ここ数日は、ちょっとばかり練習をサボり気味でした。
先週末から、どうもやる気が出ずに、テレビを見ながら弾くなどでなんとか楽器に触れていたといった感じです。

来週あたり2度目のレッスンにも出かけようかと思っているのですが、このままでは宿題を完成させるのもおぼつかないです。



◇宿題
1- ブルースのコード進行で、ブギのリズム(?)を全キーで弾けるようにする。
2- There is no greater loveの進行で、各小節ごとにスケールを弾いてみる。



1番目はなんとかなってきました。
(とはいっても、キーがC#とDとD#の3つはかなり怪しいのですが・・・)

問題は2番目ですね・・・

やっぱりコードトーン(1357)以外の音を挟んでしまうと、頭の中からコードトーンのポジションが一瞬で消え去ります。
ルートを押さえると、3度5度7度の位置は頭に浮かぶので、コードトーンだけを弾いている分には問題ありません。

ところがここに無理やり2度とか4度とかを挟んだ途端に、僕の頭からはルートやコードトーンのポジションが一瞬で消え去ります。
まるで、電卓のクリアボタンを押してしまった時と同じような感覚です。

この、あまりにも融通のきかない僕の頭の中って、まったくどうにかならないものなんでしょうか・・・

適当な音を挟んでも、しっかりとコードトーンのポジションが頭の中に残っていれば、アドリブでラインやソロを弾く際にも、物凄く可能性が広がると思うんですよね。
もちろん、そういった意図があって出されている宿題なんでしょうけど、あまりにも対応が出来ない自分の頭の中が本当に嫌になってきます。



そんな感じで、宿題メインでもがいていたせいか、この週末はやる気の糸が完全に切れてました。
本日はキリの良い月曜日ですし、あらためて真面目練習を再開したいと思います。





ところで、めちゃめちゃ唐突なんですけど、Mistyって曲いいですね。
友人がとあるバンドで急遽演奏する事になったらしいのですが、その際に「譜面持って無い??」といった質問をされました。
たまたま以前に参加させていただいたセッションの際の譜面を持っていたのですが、せっかくなのであらためてyoutubeで片っ端から音源を聴き漁ってみたんです。

以前にセッションで演奏させていただいた際には、ほとんどメロディなどわからないままに演奏してました。
だけどこうしてしっかりメロディを聴き漁ってみると、なんだか素敵な曲に思えてきました。

更に今更ではありますが、通常のバラードや、ボッサ、クラッシック風アレンジ等々、様々なバージョンを聴けるのが楽しいです。
(↑これって、ジャズに取り組んでいながら本当に今更なコメントですが・・・)





というわけで宿題と平行して、この曲もちょっと練習してみようと思いました。
まずはいつものように、メロディをウッドベースで弾けるようにしてみようと思います。
(リード譜を見ると、なんだか8分音符がいっぱいな感じでしたが、バラードでスローテンポなら大丈夫ですよね・・・)





本日は割りと早めに仕事も終える事が出来そうですし、夕方からしっかり練習出来るようにしたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1083-2d7a89ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。