ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100908_093516_ed.jpg

先日購入したメトロノーム(BOSS DB-90)用の、ACアダプターを購入しました。

以前使っていたDB-30の時に、電池切れのたびに電池(ボタン電池)を買いに行くのが面倒臭かったんです。
あんなに小さいのに、真面目に練習していると2ヶ月弱で電池切れになってたんですよね。
(最近はそこまで練習出来ていませんが・・・)

今回購入したDB-90は、図体がデカイ上に機能もたくさんついているので、DB-30よりも電気を消費しそうです。

今回のDB-90は四角い電池(何っていうんだろう・・・)だったので、ボタン電池と比べてどちらが長持ちするのかなどはよくわかりません。
だけど、毎回電池を買いに出かけたり、買い貯めして家に電池を保管しておく手間を考えると、やっぱりACアダプターが面倒臭くなくてよさそうです。

それと何より、乾電池って使い切った後、捨てるのに困るんですよね。
(東京都渋谷区の正しい乾電池の捨て方が未だによくわかりません・・・)



だけど、年々自宅の中のケーブル類が増えていく気がします。
電源コンセントも明らかに不足してきている気がするし、ケーブル関連のグチャグチャ感ってなんとかなりませんかね・・・





ここ最近、指先の薄皮がむけてガサガサになってきてます。
特に左手は、小指と人差し指両方がそんな感じで、見た目にも汚いです。

毎年冬場は結構ガサガサになってたりするんですが、夏場は割と綺麗な事が多いです。
冬場は乾燥するのがいけないんでしょうね。

それがここ最近は急激に指先が汚くなってきてしまいました。
これって、あきらかに宿題が影響しています。

宿題ではブルースコードをブギのフレーズで、1音づつポジション移動を繰り返しながら弾いています。
これって左手の指先にも結構負荷がかかっているみたいです。
毎回、左手前腕部の辛さに耐えながら練習していたので指先の事は全然気になっていませんでした。
だけど、実は指先も結構頑張っていたようです。



最近は髪の毛も伸び放題で、見た目に清潔感のかけらも無くなってきました。
その上指先までガサガサで汚くなってくるのにはちょっと抵抗がありますね。

とはいっても、練習で指先が荒れるのは仕方無さそうです。
長髪も、昨年から「ミュージシャン(?)たるもの長髪が基本」の勝手なイメージに基づいて伸ばしてきたので、もうしばらくはボサボサの鬱陶しさに耐えようと思ってます。

となるとあとは、今年に入ってから10kg以上も太ってしまった体をちょっとでも絞って、清潔感を演出するくらいでしょうか。
今年も東京マラソンには応募してみたので、ちょっと真面目にダイエットでもするべきですね・・・





本日はイマイチ日記にまとまりがありませんが、最後にもう1つ、昨日のF#キーの譜面に関しての発見です。
(我ながら、かなり頭の弱そうな発見です・・・)



この譜面、最初のうちは「どの音が♯になるんだろう」と考えながら弾いてました。
だけど当然ながらそんな考え方だと、演奏しながらなかなか譜面を読めないんです。

そこでふと気がついたのですが、基本的に全部の音を#させる方向で、Bの音だけナチュラルに戻すといった考え方に転換してみました。
すると、もちろんめちゃめちゃ弾き難いのには変わりませんが、譜面を読み取るのにいちいち調号を確認したりする手間はなくなりました。

これって、何を今更と思われてしまいそうですよね・・・
日記で告白するのもちょっとためらわれたのですが、結構「!」な感じだったので正直に書いてみました。



となると、いっそ調号も7個全部についていた方が譜面や読みやすくなるかもしれないですね。
それも、♭だと弦が変わったりするので面倒臭いですが、♯なら全て1フレットずらすだけだから解りやすそうです。
(昨日のモリさんのコメントでのご指摘ってこの事なんですね)





といった感じで、かなりプラス思考の事も書いてみましたが、それでもやっぱり調号は少ない方がありがたいです。
コメント
この記事へのコメント
髪の毛が伸びてきたら後ろで纏めてポニーテールがデフォルト。
♂ロン毛のポニーテールはミュージシャンの証し?

要はミュージシャンはビンボーが常なので散髪に行くお金が無い、勿体無い。
また、一見忙しく(売れっ子そうに見えても)していても今度はビンボー暇なしで逝く時間帯が合わない。
結果、アタマはボサノバ&サンバ状態。
打開策?は丸ボーズ。電気バリカン一丁奢って持っていれば安上がり。
強者はバリカン+丸ぞりのピカピカ頭。

ポジション移動はそのポジションでの指の形、腕の位置、肩から肘~手指のフレームの形。親指の位置などを体と絵面で早く覚えてしまう事が肝要かと存じます。
特に四ポジション(G弦で人差し指がD、中指がE♭、小指がE)辺りの楽器のシステム(親指が裏側でネックの付け根に触れる)と音列の関係を早急に理解、体得すると。
中間ポジション~オクターブポジションの修得にかなり役立ちます。

実は、楽器の構造上ハーフ~3ポジ辺りまでは一番難しい音域。(指間が最大に開く、音程を採る為の手掛かりが乏しい。など)
反対に、一見難しそうな四ポジション辺りが実は音程が一番楽に取り易く弾きやすい音域。
・・・押弦するテンションもローポジションよりも緩く(弦高や指板の状態が適切な場合)指間は比較的開かないし、手掛かりとなるネック裏の当たりが有る等

四ポジションを征すれば前後のポジション。特にG弦でE♭、E、F、F♯、Gやその横の他の弦の修得はソッコーです?!
2010/09/09(木) 10:20:10 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
このコメントをいただいた時から、今は更に髪の毛が伸びまくってボサボサになってますww
ファーストポジションあたりで弾いていると、帽子でもかぶってない事には弦と一緒に髪の毛までつかんでしまって本当うっとうしくなってきちゃいました。
とはいえ、人生で長髪なんて初めての事なので、もうしばらくは長髪で過ごしてみようかと思ってます。

モリさんがおっしゃるとおり、四ポジションあたりって慣れちゃえば本当に弾きやすいんでしょうね。
以前に、このあたりのポジションしか使わずに弾くといった練習を一時期やっていた事があります。
すぐにやめてしまったのですが、やっぱりもうちょっとそうした練習をやってみるべきですね。

2011/01/25(火) 21:02:30 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1085-54a775b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。