ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0013.jpg

今年1個目のマメが出来ました。
更に、今年1個目のマメ治療も実施しました!

だけど、せっかく水を抜いたんですけど、指先が汗ばむ状態では駄目ですね。
また水が溜まってきちゃいました。

水抜きして、皮がくっついた状態にしちゃいたいんですけどね・・・



来週末はバンドメンバーさんとスタジオ入り予定なので、連休中は控えめに弾きながら過ごしておこうと思います。





ところで、そのマメの要因ですが、2つばかり考えられそうです。

1つ目は、年末年始の練習量低下ですね。
まあこればかりは仕方無いので、これについては少しづつ練習量を増やしながら指先を鍛えなおしたいです。



問題は2つ目なんですけど、新しい楽器の弦高に慣れていない感じがします。

当初はメーカー出荷時のセッティングのまま弾いていました。
メーカー出荷時のデフォルトセッティングは、今までの楽器と比べると、G線が低めでE線が高めといった感触です。

以前から感じていましたが、弦高が低いとマメが出来やすいですよね。
弦と擦れてというよりは、なんだか指板と擦れてダメージを負ってしまう感じです。



そこで、今回の楽器は弦高調整が出来るようなので、G線側を少しづつ上げてみています。
だけど、こうして少しづつずらしていても、そもそも慣れの問題なのか、どうしても違和感が拭いされません。

また、G線側は上げていけば良いだけなのですが、E線側はもともと一番下がった状態なので、これ以上低くは出来無そうです。

ただ、以前の楽器では、E線を強めにはじいた時に、弦が指板にぶつかってしまうのが気になってました。
そのため、今回はこの少しE線高めのセッティングに慣れてみようかと思っています。



いろいろ感覚で書いてみていますけど、やっぱりこういうのってきちんと高さを測るべきですね。
以前の楽器のデータは、一応日記に残っていると思うので、それと比べながら少しづつ調整をしていきたいと思います。





そういえば、新しい楽器のレビューもきちんと書かなくてはいけないですね。
良かった点や残念な点、いろいろ感じてますので、あらためて近日中にまとめてみます。
コメント
この記事へのコメント
豆問題
僕は、ウッドベースを弾くようになってからマメができたことがほとんどないです。
エレベ歴が長いんで、指先が鍛えられてる、という説明もアリなのかもしれませんが。

ウッドを始めた当初は、僕もやはり指が痛かったです。両手の。
調整してもらって弦高を下げて、だいぶ楽になりました。

楽器はパワーでは鳴らないです。
余分な力を使わないことで、マメのできる頻度も減ると思うのですが。。。

あと、皮膚を鍛えるという点では、マメや水ぶくれは潰さないほうがよいらしいですよ。
これは、専門医に聞いた意見です。
2011/01/08(土) 23:07:47 | URL | マツナガ #-[ 編集]
まめ
こんわんば。

僕もマメは早々に潰すことにしてますが、マメの皮膚を乾かして壊死させて早く底を露出させるためです。

これを繰り返すことで、皮膚が分厚くなってきます。

あんまり弦高が低いと、指離れが悪いので、マメができやすいですよね。
一番いいのは、ガット弦をロージンつけて弾くことですが、これはロカビリーの専売特許。

我々はマメができたときにステージを務める方法を覚えておくべきで、テーピングして弾けるようにはしておきましょう。
2011/01/10(月) 01:45:33 | URL | どてら #e/PR8CMk[ 編集]
マツナガ様

たしかに余計に力が入ってるのは間違い無いですね。

>皮膚を鍛えるという点では、マメや水ぶくれは潰さないほうがよいらしいですよ

マメを潰さずにそのまま練習していると、水圧(?)のせいか、一気にマメが巨大化しちゃうんです。
そのため、表面の皮が剥がれない程度に小さい穴を開けて、中の水を抜いて凌いでます。





どてら様

テーピングって、弦に糊がついてしまうので、ベタついて弾きにくくないですか??
最初の頃はテーピングを使ってたんですけど、糊でひっかかるのが嫌で最近は使わなくなっちゃいました。
個人的には、養生用のガムテープを巻いておくのが、その場凌ぎでは一番弾きやすい気がしてます。
2011/02/22(火) 17:18:55 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1125-7ffa75d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。