ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PCM_06_10_14_0001.jpg

お気に入り度★★★☆

ベース・オン・トップ/ポール・チェンバース⇒

Paul Chambers(b)
Knny Burrell(g)
Hank Jones(p)
Art Taylor(ds)

先日購入したポールチェン・バース、本当に良かったので、代表作と言われるこのアルバムも購入してみました。
(芯ノ介様、ご紹介ありがとうございました。)

やっぱり、僕こういうの好きです。
シンプルな音使いで、1つ1つの音をしっかりと聞かせてくれる感じのこういうのが好きです。
粒立ちのしっかりとした、安心できる4ビートでしっかりとリズムを刻んでくれる感じが心地良いですね。
更に、ソロでアルコもたっぷりと聞かせてくれるのですが、やっぱりかっこいいと思いました。
弓、弾けるようになりたいです。

基本的にはピッチカートで響く音が大好きです。
あいだで聞かせてくれるアルコはおにぎり2つに挟まれた、塩気控えめのたくあんみたいで、あると嬉しい感じがしますね。

古いアルバム(1957年録音)なので、音が若干悪いのがちょっと寂しいですが、こういった安心できる4ビートの音、あこがれます。
シンプルでも、しっかりと安定したリズムを刻めるのってやっぱり大切だなぁと改めて感じました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/113-4e6b6f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。