ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨晩はこの曲も歌ってました

昨晩、TVでオペラのレッスンの番組を見ました。
チャンネルを回していて偶然目にした番組です。

1日中オペラを聴いていたいかと言われると、決してそんな事はありません。
だけど、35歳を過ぎたあたりからは、オペラを耳にした時に、素直に「あっ、ちょっといいかも!」と思えるようになりました。

昨晩目にしたこの番組、技術的な詳しい事は全くわかりませんが、生徒さんの歌も相当素敵でした。



しかし、先生の言ってる事はなんとも奇妙に思えるような事ばかりです。



目から息を吸ってください・・・
後頭部から声を出して・・・
etc・・・



先生の言葉を見ながら、「なんじゃそりゃ?!」と、何度も独り言をつぶやいてました。
ある程度オペラの練習を積み重ねていくと、先生の言うイメージが明確に解るようになってくるんですかね・・・

ただ、「CとB♭の音が下がりがちだから」といった指摘なんかもあって、「やっぱり先生って凄いな!」と思いました。

ウッドベースを始めてからは、TVでボーカルさんが、僕でも感じ取れる位に音を外していたりすると、結構気になってしまうようになりました。
だけど、昨晩の生徒さんなんて、僕には完璧にしか見えない位に素敵な感じだったんですよね。

まあ、1ヘルツの違いを感じ取るような人達でしょうからね・・・
そうした感覚を持ってる人達って、やぱり素直に憧れます。



それにしても、ニッチなターゲットの番組ですね。
今までこんな番組をやってる事を知らなかったのですが、よく解らないなりにちょっと面白かった(歌が良かったといった事を含めて)です。





オペラの話にからんでというわけでは無いのですが、音感に関して以前から疑問に感じていた事があります。

1度とか1オクターブとかの感覚って、先天的に持っているものなんでしょうか?
それとも、純粋に後天的に身につけるものなんでしょうか??



以前にソルフェージュを習った際に、その時の先生がピアノの鍵盤を1つ1つ叩きながら、



「ほら、こことここの音の幅は1度だけど、ここは半分しか無いでしょ。」

とか、

「ここはオクターブ離れてるでしょ。」



↑のような説明が時折入っていたんです。
これを聞いた時に僕は、「えっ、そんなの全然判らないんですけど・・・」と思ったんです。



この時の先生は、鳴らした音を聴いて、1度の幅と0.5度の幅の違いや、オクターブの感覚というのはみんな判るものだといった感覚があったんだと思います。
ところが、悲しい事に、僕にはそれが判らなかったんです。

例えるとすると、人には見えない紫外線が見えているミツバチのハッチ君から、「ほら、あっちの蛍光灯からは紫外線が強く出てるでしょ。」と言われているような感じでしょうか。



今でこそ、じっくり考えればオクターブの幅は感じ取れるようになってきました。
だけど、1度と0.5度の幅の違いは、音を聞いただけでは未だに判別出来ないです。

こういうのって、訓練によって後天的に身に着ける事が全てなんですかね。
それとも、ソルフェージュの先生の感覚のように、多かれ少なかれ、多少は先天的(本能?)な感覚で感じ取れる事なんでしょうか?



オクターブの幅って、物理的な周波数で見た時に、波長の数字が綺麗に倍になっていきますよね。
という事は、先天的な感覚で何かを感じ取れてもおかしくは無いような気もします。





まあ、↑に書いた事がどっちであっても、だからどうなるというわけでは無いんですけどね。
以前から、なんとなくどっちなのかなと疑問に思っていた事でした。





あんまり関係無いですけど、やっぱり絶対音感って、あったらいいですね。
持ってる人が羨ましいなぁ・・・





↓↓↓ 1月15日追記というか訂正! ↓↓↓

日記の中の1度とか0.5度という表記、1音と半音の間違いみたいです!
どてら様、早速ご指摘いただきましてありがとうございました。。。m(__)m

それにしても、やっぱり勉強不足丸出しですね・・・
コメント
この記事へのコメント
音程
音程の表記において、1度ってーのは、同一音程のユニゾンを指し、ドとレの間は2度ってゆーんじゃなかったでしたっけか。

1音離れている音程を長2度と呼び、半音離れている音程は、短2度と呼ぶ。
だったと思うのよ。
2011/01/15(土) 12:43:00 | URL | どてら #e/PR8CMk[ 編集]
絶対音感、相対音感
絶対音感は、ジャズ屋には無くってもいいですよ。
それよか、どの高さの音でも「ド」に聞こえることが重要ですねん。
2011/01/15(土) 13:50:11 | URL | どてら #e/PR8CMk[ 編集]
ご指摘ありがとうございます!
音程の件、おっしゃる通りですよね。
しかし、このあたりの話はどうにもややこしいです。

絶対音感、もう本当に沢山の人達から「いらない!」って言われます。
それでもそれでもやっぱり欲しいです!
(あっ、もちろん相対音感も欲しいです)
2011/02/22(火) 17:22:44 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1130-67a24336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。