ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0039.jpg

楽器が調整から戻ってまいりました。
今回は、駒の調整と合わせて、ついでに弦も張り替えてもらっちゃいました。



駒の調整なんですが、新しい楽器が届いた際の弦高さが、駒のアジャスターを一番下げた状態で↓数値でした。
(普通のスケールで計ってるので、かなり大雑把な数字です。)

G線:4mm
D線:7mm
A線:10mm
E線:12mm

あまり細かいセッティングは気にしていなかったとはいえ、これではさすがにバランスが悪いですよね。
で、調整してもらった結果、アジャスターも少し上げた状態での現在の数値は↓です。

G線:7mm
D線:8mm
A線:9mm
E線:9.5mm



この結果、めちゃめちゃ弾きやすくなりました。
以前の楽器では、E線を強くはじいた際に指板にあたってしまうのが気になっていたのですが、新しい楽器ではこうした事も特に無いです。

しいていえば、1番線と2番線はもうちょっと低い方が良いですかね。
となると、1番線から6、7、8、9mm位が良いのかも・・・

まあ、こういうのって慣れもあるでしょうし、アジャスターの微調整も使いながら、少しづつ調整してみたいと思います。





次に弦なんですが、結局今回はエヴァピラッツィにしてみました。
先日モリ@ベースさんからいただいたコメントにもありましたが、スピロコアのミディアムと比べた際に、あまりテンションが下がってしまうのは抵抗があったんです。

実際、以前に習っていた先生が、テンションの違いが原因でライブ中に酷いマメが出来てしまったと言っていた事があったんですよね。
その時は確か、オブリガートか、スピロコアのライトテンションから(どっちか忘れました・・・)、スピロコアのミディアムテンションに戻した時だったと思うのですが、右手の人差し指と中指がかなり惨い事になっちゃってました。

そのイメージがあるので、一番基本になりそうなスピロコアのミディアムテンションからかけ離れた感触の弦にするのには抵抗があります。
だけど、好奇心を含めて、いろいろな弦は使ってみたいと思っていたので、その結果の選択です。



まだ弦を張りたてなので、弦本来の感触というのは感じられていないと思います。
それにしてもエヴァピラッツィって、スピロコア以上に弦が伸びませんか??(いや、きっと間違いないと思う)

とにかく今はまだ、チューニングを繰り返しても繰り返しても、グイングインと伸びに伸びてます。
そのうち、饂飩が素麺になっちゃうんじゃないかといった勢いです。



そんな状況ではありますが、結構良い感じになりそうな気配は感じてます。
デフォルトで張ってあったプレリュードの時の、やたらと金属っぽい音も無くなって暖かい音になりましたし、弾き心地も戸惑うような大きな違いは無さそうです。



きっと、この先1年位はこの弦を張ってる事になると思うので、この弦とも良いお付き合いが出来るようにしたいです。
コメント
この記事へのコメント
化学繊維芯線弦(いわゆるナイロン)の張りたて鉄芯弦の数倍で伸びとチューニング落ちが有ります。
安定するまでに早くて数日~一週間位は勘案する必要が有ります。
コントラバス弦の場合、張りたてより伸びとチューニングが安定してくるこの頃が(メーカーが想定した)本来の弦の特性と言われています。
先般、ザイエックス(ダダリオ/)に変えましたが、メーカーが謳う通り初期のこの症状の収束は早く二三日でした。
感触やサウンドはエバピラッツィ的(ハッキリ、クリアー、ガット的)で弦の太さはオブリガートや普通の鉄芯弦程の細身。2ヶ月程の現在かなりよい感じ?

エバピラッツィは当初の伸びとチューニングは比較的早く安定する方ではないでしょうか?
同社のオブリガートはちょっと長めの一週間位かかるかも?
ガット弦なんかはもっとデリケート。当初の伸びはドンダケ~?と言う程ありますし気温湿度の差違でしょっちゅうチューニングが変わりますから・・・(かつ、高価で、切れたりはしょっちゅう)

個人的な経験上、弦の銘柄や質が変わると奏法、ピチカートにも影響して来ます。
オブリガートの時(八年程)の時とエバピラッツィの時では鳴らし方がかなり変わりました。(テンションの違いから)

無理やり弦を振動させて(弾いて)も余り意味がない(労多く実少なし)と言う事を思いしらされました。。
2011/01/20(木) 09:00:59 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
蛇足ながら、トリビア情報を一つ。
駒アジャスターを取り付けた場合、弦高を一番下げて円盤が着地接触した状態が一番音が良さげに思いますが、
意に反して若干でもシャフトを上げた状態の方がサウンドが良いようです。
2011/01/20(木) 23:44:29 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
エヴァピラッツィその後ですが、1ヶ月が経過した今でも、毎日ちょっとずつは伸びているようです。
練習始めのチューニングの際には、かならず低い方に音が狂ってます。
(もちろん、最初の1~2週間と比べるとほとんど落ち着いた状態にはなりました。)
それにしても、こんなに毎日伸び続けて切れたりしないのが不思議な位ですね。
2011/02/22(火) 17:32:26 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1133-78f7a8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。