ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0048.jpg

昨日、いつもお世話になっている楽器の輸入商社さんに出かけた際、商談用の机の上に数本の弓とバイオリンが置いてありました。
まあ、いつもの事なので、片手に弓を持って、もう一方の手で置いてあったバイオリンをケースごと端へずらしました。
すると、ちょうどいらした担当者さんが、「あっ、これ、一応あっちに持っていっときますね。」と言って、バイオリンだけ違う場所へと持っていかれました。

戻ってきて一言、



「水上さん、今のバイオリン、あれ2,300万円ですよ」



だそうです。

あの?、そういうの先に言って欲しいんですけど・・・!
というか、そんな高価な楽器を置いとかないでくれません??ww



しかし、本当にバイオリンとかコントラバスの値段って見当もつかないですね。
気軽に片手でずらしたりしちゃいましたけど、値段を聞いてゾッとしました。



もともと楽器の値段や価値を見分ける目を持っていないのは自覚してます。
だけど弦楽器の業界を覗いていると、お金の価値までわからなくなりそうです・・・





冒頭の写真は、夜練習をする時にミュートで使ってるスポンジです。
特に楽器用というわけではなく、東急ハンズで1個100円位で買ってきたスポンジです。



以前にゴム製のミュート(ウルトラミュートでしたっけ)なども試してみたのですが、あれってたいしてミュートにはならないですよね。
その後は、駒の上にタオルを巻いて弾いてみたり等々、いろいろと試してみました。
だけど、このスポンジが結局一番手軽で音も小さく出来そうです。

もちろん、こうしてスポンジを挟んでしまう事によって、小さい音とはいえ音程も狂ってしまいます。
これはこれで大きな問題かもしれませんが、それでも弾かないよりは良いかなといった判断になりました。



音の問題って皆さん苦労されてますよね。
管楽器の人に比べれば多少はマシなのかもしれないですけど、それでも低音って近隣の家にも相当響いちゃうみたいですもんね。




このスポンジでごまかしながら練習していますが、それでも思いっきり弦をはじくのは厳しい感じがします。
思いっきり弦をはじくと、結局打楽器のような「ボンッ!」という音は響いちゃいますからね。



やっぱり夜間であっても、もうちょっとちゃんと弾けるようにしたいです。
というわけで、夜間練習用に、夜間でも思いっきり弾けそうなサイレントベースが欲しいです。
コメント
この記事へのコメント
昔、ジョイントコンサートでご一緒に為ったバイオリン屋さん。師弟での出演。
楽屋に何気なくフツーに机の上に置いてある先生の古ぼけたバイオリンの中のラベルをそれとなく見ると・・・
お家が優に買えるクラス。それも未来のストラドに成るかも?と言われるモダンのピリオド。
名工「プレセンダ!」
思わず拝みました。
お弟子さんも音大ですから常識的に楽器はフツーに数百万諭吉クラス。

当然、指一本触れず静かに後退りして退散。
因みに当時の相場で福澤さんが四千人以上。
2011/01/25(火) 21:41:20 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
楽器のミュートの件ですが、
一つは弦の振動を箱に伝えない(減衰させる)ようにすれば良いので、
駒にウェイト(重量物)を架けるやり方が一般的かと思います。
ウルトラミュートのパチモンは重量が軽く殆ど用を成しません。(見た目マンマ同じですが重量が軽く柔らかい。安価)
木製や金属の板?をネジで挟み込むモノが有るようです。
こちらの方が効果は有るようです。
同様なモノは器用な方なら製作できるかも?

あと、楽器を支えるエンドピンから床への振動エネルギーを遮断するのも必須事項。
お手軽にはホムセン等で10センチ角ほどの厚めの防振ゴムなどをゲットして、その上に楽器を乗せるのも一手。
意外と畳は防振効果が有ります。一枚よりも二枚と厚く広く敷き詰めれば部屋の吸音効果と床の防振も期待出来ます。(遮音にはなりませんが)

部屋の窓や扉は必ず閉める(二重サッシ等なら尚ヨロシ)
それらに厚手のカーテン(遮断カーテン?と組み合わせると更にベター)をかける。

ほかにも・・・

2011/01/28(金) 10:12:05 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
練習用のサイレント系では、オリエンテのボディーが箱では無く一枚板のモノが有ります。(EUBに適当なモノがない一頃はちょっと流行りました。)
二機種有ったと思います。
値段は二十万諭吉クン以下だったかと(ネックはコントラバスとほぼ同じ)。
ピエゾピックアップを付ければ結構使えます。
まあ、アップライトのエレベですかね。
箱では無いので生音量は・・・
また、同様に意外に重量が有るので移動が楽チンとは成らないかも?

また、箱(棺桶?)ボディーも大昔からラインナップ。

オリエンテさんの楽器は余所より重いモノが多いです。(~音も・・・)
2011/01/28(金) 12:09:45 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
超高級バイオリンの件、値段を聞いて青くなりました。
本当にそんな楽器にはむやみに触れたくないですね。
(一歩間違えば人生が終わりかねないです・・・)

金属製のミュートって、確かに見かけた事があります。
へ~と思って眺めただけだったのですが、あっちの方がウルトラよりも性能が良いんですね。
まったく知りませんでした。

オリエンテのサイレントベースの件、一枚板のは無駄に(?)値段が高いので、一応箱のタイプですがSB-10あたりは気になってます。
一度試奏させていただいた機会があったのですが、あれでも十分音は消えてたんですよね。

音の鳴らない楽器を選ぶのではなく、音を鳴らせる家を選べるようになりたいですww
2011/02/22(火) 18:05:25 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1137-d4bda0aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。