ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の本文とは全く関係無いのですが、先日ライブに出かけた赤坂B♭さん入り口です。

昨晩は、先週末にバンド練習の際の音源を繰り返し聴きながら練習していました。



しかしまあ、これがとにかく酷いです・・・



特に、無理に8ビートを刻んでいる曲があるのですが、演奏の邪魔をしているだけにしか聞こえません ..._| ̄|○
出している音もいけてない上に、何よりビートが合ってません。

以前に2ビートのタイミングがイマイチで、ブレーキをかけたような演奏になっているといった事を何度も日記に書きました。
しかし、8ビートに関しては、そんなの比ではない位の惨状です。





8ビートの曲に取り組むといった事をこのBLOGで触れた際に、


難しい
楽器の調整が必要
いっそエレキベースに持ち替えた方が・・・


等々のアドバイスをいただきました。
まさにご指摘通りの状況に直面しております。



僕の弾いている8ビートは、技術的に未熟である事はもちろん、楽器や自分自身の長所も全く活かせていないように思います。





昨晩は、ビールを飲みながらかなりじっくり、超ヘビーローテーションで音源を聴きまくったのですが、別に無理に8ビートに合わせる必要は無いように思えてきました。

音源を繰り返し聴いていると、自分なりに欲しい音やリズムがなんとなく浮かんできました。
浮かんできた音を、実際にウッドベースで出して合わせてみると、明らかに無理した8ビートよりは良いように感じます。





というわけで、次回音合わせでは大幅に作戦を変更してみようと思います。



出す音は意図的なミュートを除いて、ひたすらテヌート。
無理して音数を増やさない。



基本に立ち返って、上記のお約束を実践出来るような方向で考えてみたいと思います。
少なくとも、昨晩いくつか試してみた感じでは、明らかに良い方向に向かいそうですからね。





無理して「ロック」だとか「8ビート」に合わせようとするのが駄目みたいです。
出来もしないのに、そういった音に媚びて合わせようとした結果、かえって格好悪くなってしまってる感じがします。

まあ、いずれは心地良い8ビートもきざめるようにはなりたいですけど、残念ながら今の僕にはそうしたビートが引き出しに入ってませんでした。
とはいえ、今ある引き出しでも、まだまだ活かせる方法はありそうですので、そういった方向性を探ってみようと思います。





最後に、本文の内容とは関係無いんですけど・・・

音をぎりぎりまで長く伸ばす「テヌート」、何故かこの言葉を聞くと「ヌー」の顔が頭に浮かんでしまいます。

「ヌー」の画像が入った記事⇒

「だから何?!」と言われるとそれまでなんですけど、何故か浮かぶのは「ヌー」の顔です。
コメント
この記事へのコメント
8beat
んで、8beatの課題曲ってどんな曲ですか。(わくわく)

Route66を演奏することがよくありますが、ドラムさんがいる場合は8beatでも楽ですね。 
要は、四分音符を八分音符×2で感じればいいと思います。

恥ずかしいけど、参考演奏。http://www.youtube.com/watch?v=Aii-pJ-qvl4
4beat版と比べてみてくださいな。
2011/02/11(金) 00:30:40 | URL | どてら #e/PR8CMk[ 編集]
フメンはカンタンでもコントラバスのピチカートでの苦手種目?にロック特有の延々と8ビートの連打が有るかと。
更に同音の連打はある意味地獄の一丁目?

でも、逆にコレを克服した暁には、新たな地平線が見えるかも?
コツはオルタネイトピチカートの際に手指の筋力だけでなく腕の加重が弦に常に伝わっていること。
指先の掛かりは浅め(でないと追いつきません)、
手指と肩から腕はなるべく脱力、4ビートの時と同様に腕加重によるピチカート。
ベースライン(リフ)が曲を決定づけている場合が顕著に有りますから、その場合はなるべく指定通りが暗黙の了解。(ベースラインを変えると曲想ががらりと変わる)

意外と楽なのは若干の音の動きの有るシンコペーション系。ファンクな16ビートも同様。

元来エレベの機能性、機動力を前提に音楽が成り立っていますから、
敢えてアップライトを使用する場合には作戦としてジャンルによっては意地を張らずに若干弦高を調整(下げる、ラクに)するのも有りです。(音楽的要求が優先。)
合わせて、方法論や方向性、奏法の検討も重要なチェック項目。

エレベとは音圧とアタックが全く違いますから
出来上がった暁には存在感はダンチに(^-^)vでカッコよいすよ。
2011/02/11(金) 10:54:46 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
ふめん
あ、僕って譜面で弾いたこと一回もないぞ。
ってゆーか、弾くラインを弾く前に決めたことがないのよね。
2011/02/11(金) 11:20:38 | URL | どてら #e/PR8CMk[ 編集]
どてら様

お手本演奏映像、どうもありがとうございました。
なんかいろいろ考えさせられちゃいました。
おっしゃるとおり、ドラマーさんが8つ刻んでいる中で、ベースを4つ刻んでいる感じでも、凄く素敵な演奏になりますね。
やっぱり今の僕は、デモ音源を聴いただけで、そのイメージに引っ張られてバタバタしすぎなのかもと思いました。
自分の演奏の音源は、近い将来(2~3ヶ月位?)ではアップしたいと思ってます。
どうもありがとうございました。





モリ@ベース様

8ビート、更にはシンプルなルートの8連打がこんなにも難しいとは思いませんでした。
更に、無理して弾いてると、演奏がいけてないだけでなく、手指もいっぱいいっぱいになってきて肉体的苦痛にまで襲われるし、8ビートは超難関ですね。
5年とか10年単位で少しづつでも身につけていきたいです。
2011/03/06(日) 18:20:50 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1144-ae77c4bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。