ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタバも時々です・・・

昨晩から日本人4名のグラミー賞受賞が話題になってますね。
こうした賞を日本人が受賞してくれるのはなんだかやっぱり嬉しいです。

個人的には、やっぱり上原ひろみさんがいろいろな意味で印象的でした。
凄い凄いとは聞きますが、やっぱり本当に物凄いんですね。



ただ残念な事に、上原ひろみさんの演奏って、僕にはまだ早いみたいなんです・・・?!



以前に東京JAZZで、上原ひろみさんのライブを見る機会がありました。
本当に唖然とする位に物凄いんですよね

その時は(も??)超高速で鍵盤を叩き続けていて、本当に人間の指なんだろうかと思ってしまうような超絶演奏でした。
今朝も小倉さんの番組でピアノソロの演奏をされてましたけど、やっぱり超超絶です。

本当にいつ見かけても超絶!といった感じなんですけど、普通の音楽(?)を聴いている時のような心地良さや楽しさをなかなか感じられずにいます。



なんだかあからさまに批判的な事を書いてしまっているので誤解されちゃいそうですが、それでも↑に書いているのが正直な気持ちです。

そこで、僕自身もその要因を考えてみました。



あらためて上原ひろみさんの演奏を聴いてみると、演奏を聴きながら僕自身は頭の中で頻繁に、いわゆる「ロスト」した状態になっちゃいます。
理由は、超絶テクニックによる怒涛の音数と、恐らく凄く細かい拍であろうシンコペーション等々に僕がついていけないからだと思います。
演奏を聴きながら、基本になる4拍を完全に見失ってしまうんです。

そうやって拍を見失ってロストしてしまった結果、僕自身が上原ひろみさんの演奏にノリきれなくなっちゃうんだと思います。
(これ、共感してもらえる人いませんか・・・?)



世界中の超一流どころも絶賛する上原ひろみさんですから、きっと抜群のリズム感/タイム感で演奏されているんだと思うんです。
ところが、聴いてる僕のレベルが低すぎて、あっさり振り切られちゃうのでは、イマイチ楽しめなくなっちゃうのも仕方無さそうです。



地道にウッドベースの練習を続けながら、沢山いろんな音を聴いているうちに、いずれは楽しめるようになってくるんでしょうか・・・
音楽的な意味でも凄さが解るようになってきたり、細かいシンコペーションなんかも感じ取りながらノッていけるように、是非ともなりたいですね。

そうなれたら、今よりももっともっと音楽が楽しくなるんだろうなぁ・・・





ラリーカールトンとB'zの松本さんの音源ってまだ聴いてません。
こっちも気になるので購入してみようかと思ってます。
コメント
この記事へのコメント
僕も上原ひろみの音楽は全然楽しめないクチです。理由ですか?考えたこともありません。ただ、一聴してではなく、「これほど世間で絶賛されているのだから、理解できない自分のほうに問題があるかもしれない」と考えて、何度も聴いたり見たりした結果、やっぱり自分にとっては面白くないと判断しています。それでもなお、時折見たり聴き返したりして、理解できるようになっているかどうかを確認したりもしています。

音楽はタバコやコーヒー、お茶と同じ嗜好品ですから、好き嫌いがあって当然でしょう。コーヒーが美味しくないと感じる人にとっては、どれほど素晴らしいといわれるコーヒーであろうと飲めない液体であることに変わりはありません。

いつか理解できる日が来るのかもしれませんが、無理に面白くもない音楽を聴くために時間を割くよりも、自分好みの音楽を楽しむために時間を使いたいものです。
2011/02/17(木) 14:45:57 | URL | imaiyu #3un.pJ2M[ 編集]
彼女の現在の立ち位置?は常に戦闘モード(ナメたらイカンゼよ)に感じます。(若干、大人になって来たようにも・・・)
いわゆる、エンターテイメント、一般のお客さんにハッピーに楽しんで貰うというモノとは別物かと。
例えば、ピカソの絵画が単純に楽しめるか?とかのレベルかも。
2011/02/17(木) 22:23:14 | URL | モリ@ベース #-[ 編集]
imaiyu様

>これほど世間で絶賛されているのだから、理解できない自分のほうに問題があるかもしれない・・・

これ、僕もめちゃめちゃ考えましたww
世間一般にこんなにも絶賛されていると、素直にいいなと感じられない自分にちょっと不安になります。
「好き」になるかどうかは別にしても、自分自身の音楽的なレベルが上がれば、また違った何かは見えてきそうには思うので、その部分には期待したいですね。





モリ@ベース様


>常に戦闘モード(ナメたらイカンゼよ)に感じます・・・

これもなんだか凄くわかります。
演奏自体はちょっとおっかない感じしますもん!
ちなみにとある超大手美術館でいろいろ見てまわった時には、「ピカソは好き」と思いました。
2011/03/06(日) 18:40:42 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1147-b0697f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。