ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0068.jpg

先日の日記で、ラリーカールトンとB'zの松本さんの音源を購入してみようかと思うといった事を書きましたが、本日踏みとどまってしまいました。
購入するつもりでiTunesストアを開いたんです。
そこで、視聴ボタンで視聴してみたんですけど、「あれっ、これ、買っても結局聞かないそうだなぁ・・・」と思ってやめちゃいました。
(すみません・・・)

視聴しかしてない僕が言うのもなんですが、ラリーカールトンはともかく、B'zの松本さんってもっと掻き鳴らしてるイメージがあったんですけど、なんか感じが違いますよね・・・
もともとギターインスト自体を滅多に聴かないといった事もあるんですけど、この感じだったら買わなくていいやと思っちゃいました。

だけど、やっぱりグラミー賞後はめちゃめちゃ売れてたみたいですね。

B'z松本グラミー特需!圏外から1位(2月16日yahooニュース)⇒

というわけで、僕は結局この数字には協力出来ませんでした・・・





せっかくなのでニュースネタをもう1つです。

AKB新曲初回出荷110万枚!おニャン子超えも達成(2月17日yahooニュース)⇒

CD不況の話題をよく耳にしますが、売れてるところではこんなにも売れてるんですね・・・
しかし、ここまで凄いとは驚きました。
いわゆるミリオンセラーの枚数を最初から見込んでいるんですもんね。

仕事で連日のように渋谷駅前を通るんですけど、この曲と思われるプロモーションの大型トラックが2台連なって走っているのをよく見かけます。

ちなみに、22万人で1人あたりの購入枚数が平均5枚で達成出来る数字ですね。

いろんな意味でやっぱり凄いです。
(1人○○枚といった計算が出てくる事自体が凄いビジネスモデルだなと本当に感心しちゃいます)





明後日の日曜日は、バンドメンバーさんとスタジオ入りの予定です。

先週末はまとめて練習出来ていたんですけど、平日は結局練習量が落ちちゃいました。
(おかげで、連日水抜きをしていたマメは凄く良い具合にひっついてくれました。)

今回はいろいろと試してみたいパターンなども出てきていたので、明日1日だけでもしっかり練習して臨みたいですね。



昨年から何度か簡易の音合わせはしていたんですけど、毎回ナントハウス(僕の自宅)になっちゃってました。
ようやくそれぞれの曲がまとまってきたので、いよいよスタジオで合わせましょうといった状況です。

ナントハウスセッションの場合、ドラムはスネアとシンバルだけ、更に騒音の問題からブラシのみでの演奏でした。
これがドラムセットになるとどんな感じに変わるのかも楽しみです。





明日は午前中はちょっと仕事の予定ですが、練習時間をしっかり確保するためには昼寝厳禁ですね・・・

頑張らねば・・・
コメント
この記事へのコメント
同じく
カールトンと松本さんのアルバム、同じく買い控えた口です。

なんか松本さんが無理に別ジャンルに合わせて弾いてるように聴こえて、世間が称賛するほどの出来には聴こえなかったんですよね。カールトン一人のアルバムの方が良かったのでは?と思うくらい。(それだと話題性がなくてセールスが落ちたと思うけど)

インストにしても歌モノにしてもハードロック系のジャンルで突き進んでほしい。
(そういえばmisiaのアルバムに参加した時の音も非常に違和感があった記憶が…)
2011/02/19(土) 01:40:16 | URL | Kazu #mQop/nM.[ 編集]
やっぱりギターの専門家さんから見ても、ちょっと違った印象でしたか。
この演奏、ニュースだけ見たときは結構期待しちゃったんですけどね。。。
しかし、上原ひろみさんに続き、こちらまで惹かれないとなると、むしろ自分の感性に対して不安になりそうですww
2011/03/06(日) 18:46:03 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1149-fe3ba3ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。