ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0117.jpg

次回スタジオ入りまでは少し時間がある(ちょうど1ヶ月位)ので、昨日からは基礎練習を地味に行ってます。
今回の基礎練習は、オルタネイトのピッキングです。
これを鍛える事で、以前からこの日記でも触れていた8ビートのリズム感の向上にも繋がるだろうと思うんですよね。



というわけで、ベース・ライン見本帳というテキストを参考に、2弦と4弦でのオルタネイトピッキングを、メトロノームに合わせてひたすら繰り返し練習を行っていました。
昨日は、まだかなり左肩も痛んでいたので、開放弦で右手のみ実施、本日は左手も交えながらの練習です。

最初はテキスト通りの順番で、表拍を人差し指、裏拍を中指の順番で練習していたのですが、本日は中指からの順番に変えてみました。
やっぱりどうしても中指スタートの方がしっくりくるんです。

かなり以前にもこのBLOGに書きましたが、オルタネイトで何かフレーズを弾く場合には、何故か中指からが落ち着きます。
8分音符2個でタッカとか、8分音符4個のテケテケとか、3連のタタタなどなど、シンプルなリズムであっても、何故か人差し指からオルタネイトをスタートすると変な違和感を感じてしまうんですよね。

ウッドベースを始めた当初から、2本指でのピッキングを続けていたせいか、ピッキングの時の指先の意識が中指にあるといった事なんですかね・・・

とはいえ、これについては当然両方ともにスムーズに出来た方が良いだろうとは思うので、今後もこうした場合には両方を練習してみようかと思ってます。



もう1つの癖としては、1番線側から4番線側に移動してピッキングする際に、人差し指にしても中指にしても、同じ指で弾きたがるようです(僕の指が)。
まあ、これはこれで自然な動きだと思うのですが、8分音符が続く場合には、きちんと人差し指と中指を交互に使った方がスムーズになりそうな感じがします。

というわけで、今回はあくまでも1音ごとに指を交代しながらの練習を心がけてみています。



こんな感じの練習を、昨日は2時間弱ほど延々と続けてみました。
(こう書くとなんだか超真面目な感じがしますが、途中からはTVをつけてました・・・)

おかげで本日は右手の甲に変な疲れというか軽い痛みがありました。
だけど、こうした長時間の繰り返しが、脱力とかロスの無い動きにつながりそうですもんね。

それに、こうした超単調な繰り返しって、割りと嫌いじゃ無いんですよね・・・



まあ、すぐに結果が出るようなものでは無いと思いますが、1日も早く心地良い8ビートを刻めるようになりたいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1165-9e5b7bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。