ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0330.jpg

まずは、4日のライブにお越しいただきました皆様、どうもありがとうございました。
無事とは言い難いですが、それでもなんとか終了いたしました。
(近いうちに、動画でライブの音などはご報告出来るようにしたいと思ってます。)



今回、僕自身に取っては始めてのライブだったわけですが、ライブに至るまでの過程を含めて本当に良い経験をする事が出来ました。


メンバーさんからの指示や指摘によって得る事の出来たスキル面での収穫
モチベーションアップによる練習量の増加
曲やライブを作り上げていく行程を体験
現状の把握や課題の洗い出し
ライブがきっかけとなる様々な「人」との交流
etc・・・


思い当たる事を、ざっと↑に挙げてみましたが、いろいろな意味で良かったですね。
2~3日指を休めたら、このモチベーションが下がらないうちに、またしっかり練習に取り組んでいきたいと思います。
課題は山積みですからね!





というわけで、大変収穫の多いライブではあったわけですが、当然いろいろダメダメな事もありました。
一つ一つ挙げていくとキリが無いんですけど、どんなミスであっても、緊張を含めて精神的なところに起因するようなミスは情けないというか癪ですね。



途中のMCを少し話す事になったのですが、その直後の曲などは、リハの音源と比べても、心の動揺がそのままリズムに出てしまっている感じがします。

また、ライブ全体を通して、F♯の音が上がりきらずに、ことごとく低い方に外してるんです。
D線上ファーストポジションの、小指で押さえるF♯の音なんですけど、これなんかもきっと、気持ちが萎縮した結果、左手の指の開きまで狭くなっていたんだろうと思うんですよね。
(この感じって、なんとなく解っていただける方もいらっしゃいますよね??!)



なんだかこうした、メンタルの弱さを感じてしまうようなミスとか失敗に関して、自分のヘタレ具合が嫌になっちゃいます。
とはいえ、まあこれはこれで良い経験だったと思えるようにしたいですね。





ライブの自分の演奏を聴いた後に、「ウッドベースの音とかリズムって、こんなんじゃ無いよなぁ・・・」と思いながら、ポールチェンバースなんぞを聴いてみました。

すると、やっぱり違うんですよね。
ちょっと違うでも、だいぶ違うでもなく、全く違うんですよね。
(比べる相手が悪すぎる・・・?!ww)



練習頑張ろっ!
コメント
この記事へのコメント
本番おめでとうございます
本番お疲れ様でした。
ご盛会お慶び申し上げます。

リハやセッションをいくらやっても一回のライブ(本番)には到底及びません。
そこから得るものは物心ともに計り知れないですから。
ここからが正に本当のスタートポイントかと存じます。
何かにつけ常にリラックスする事がメンタル、フィジカル共に課題になりますね(^^;)
先ずはおめでとうございました。m(_ _)m

本番が終わって凹むのは上達の一里塚。よい傾向です。たぶん(^^;)

私も崇敬するポール・チェンバース神のサウンドを今一度注意深くお聞きになって下さい。
私には奏法やタイミング他などなどリラックス&コンセントレーションの塊に思えるのですが
(力いっぱいには決して弾いていないけどクリアーで野太いサウンド)
2011/06/07(火) 12:25:38 | URL | モり@ベース #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1207-71fc08c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。