ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0243.jpg

またしてもBLOGの更新を怠っていました。
すみません・・・

6月4日のライブ後、ライブ前に痛めていた左手の薬指を回復させるために1週間ほど休んでました。
翌週から、少しづつ練習を再開していたのですが、思った以上に回復に時間がかかってました。

練習時間は1日30分からせいぜい1時間程度、音量も極力控えめにして、左手の指の負担を出来るだけ減らすようにしていました。
そんな感じで過ごしていればすぐに治るだろうと思っていたんですけど、数日前までは痛みが残ってしまってました。



この週末は、バンドメンバーさんとスタジオに入りました。
前日は雨が降ったりしたせいか、やはり左手の薬指も少し痛んでいたんです。
スタジオで大きな音を出して、また悪化したら嫌だなと思っていたのですが、どうやら大丈夫だったようです。

スタジオ入り当日の朝は幸い痛みがひいてました。
それでも、スタジオでは軽目に弾こうと思ってたんですけど、他のメンバーさんと音を合わせるとなると、ついつい思いっきり弾いちゃいますね。
しかも、ここ数週間、軽く軽くでストレスの溜まるような弾き方しかしていなかったので尚更です。

というわけで、3時間のスタジオ入りの後半は、元気な時と変わらず思いっきり弾いちゃいました。
独りで弾くのと違って、やっぱりアンサンブルになると楽しいですもんね。



そんな感じで思いっきり弾いてしまったので、翌日は痛みが出なければいいなと思っていたのですが、なんとか無事でした。
思いのほかこじらせてしまっていたようですが、ようやく左手の薬指はほぼ完治といった状態になってきたようです。

まあ、だからといってすぐに3時間とか4時間の練習を実施するのはちょっと控えて、少しづつペースを上げていこうと思ってます。



そんなスタジオ練習では、youtube用に1曲録音して帰ってきました。
本日早速ギターさんがyoutubeにアップしてくれたのが↓の動画です。



魔法のことば⇒



演奏と関係無いんですけど、頭がボッサボサですね・・・



まあそれはいいとして、動画を見てみると、やっぱり捻挫した左肩をかばっちゃってるのが気になりました。
演奏中にも気が付いてはいたのですが、左肘を持ち上げると左肩に痛みが走るので、ついつい左肩をかばってしまっているようです。



薬指はなんとか治りましたが、こちらはまだまだ長引きそうですからね・・・



普段から左手を使わず、あまり動かさずに生活しているおかげで、可動域が狭くなってきているのも感じています。
いろいろ気になるので、今後のリハビリの相談を兼ねて、近々病院に出かけてみる予定です。



しかし、やっぱり歳のせいなんですかね・・・



怪我すると、イチイチ治りが遅いのがなんだか嫌になっちゃいます。



まさかこれも厄年の呪縛のせい?!
コメント
この記事へのコメント
左手薬指の痛みはひょっとして肩の捻挫?からの影響の筋違いはないですか?

厄払いですが、この月末の6月30日はお正月からの半年間の厄罪穢れ(神道上の概念)を祓う
水無月の大祓と言う神事が有ります(旧暦で催行為さっている神社も多数ありますが)
よろしかったらご参加為さっては如何でしょうか
2011/06/27(月) 08:00:28 | URL | モり@ベース #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1213-1504aaaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。