ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0292.jpg

ここのところ、為替相場がどんどん円高になってますよね。
特にドルはいよいよ76円台になっちゃってます。
(戦後最高値更新目前?!)

輸出産業への影響が気になるところではありますが、せっかくなので弦の価格にもそろそろ反映してほしい感じはしますね。
なんといっても、コントラバス弦の価格ってめちゃめちゃ高いですからね・・・



この2年間で、為替相場とは関係無しに、メーカーさん側での値上げがあったらしいのと、ここ最近は短期的な為替相場の変動が大きいといった事もあって、なかなか価格への還元が難しいとの事ではあるようです。
更に価格変更が増えると長期的にみた弦の消費量は減ってしまうので、業界的には価格変更は極力抑えたいのではないかとも思います。
(定価の値下げがあっても、すぐに弦を購入したりはせずに通常の張替えタイミングを待つ反面、値上げの際には躊躇して張替えタイミングが遅れるといった流れになる)



とはいっても、前回ヨーロッパ弦が値上げした2年前のユーロが135円、本日の為替相場では110円、ちなみに当時のドルは96円でした。
こうした数字を見ると、流石にやっぱり安くして欲しい気にはなりますね。






ギター弦って、6本セットで1,000円弱が相場みたいです。
1,000円弱で弦が張り替えられるのであれば、そりゃあもういろんな弦を試してみたいです。

実際ギターさんって、早い人は毎週のように弦交換をしちゃってるみたいです。
ギター弦って種類も豊富ですから、なんかいろいろ試せるのは楽しそうに思えます。



あっ、でも・・・



ウッドベースの弦の張替え作業を考えると、あの作業が増えるのはちょっと厳しいなぁ・・・





それから、全然関係無いですけど、久しぶり海外旅行にも行ってみたいです!

当分行けそうに無いけど・・・
コメント
この記事へのコメント
為替レート
二年前当時は対ユーロが170円台後半!で、180円台に突入は一ヶ月前後には確実視されて、更に年内には200円台の大台に突入もチラホラ囁かれていた時の為替水準とイケイケな動向を念頭にした
笑ける程の定価改定(ユーロ導入時からは二倍?)が未だに・・・
改定してすぐにギリシャ不安~財政危機発覚~破綻で大暴落。
(135円台はユーロが導入された当初のころの水準)
2011/07/31(日) 23:56:28 | URL | たぬき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1224-6007ec2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。