ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0303.jpg

先日の日記でARIA製品のラインナップが大幅に削られているといった内容を書いてみました。
すると、その直後に知ったのですが、ランドスケープのシリーズも、先月ついに、これまでの販売元だった会社が手放してしまったようです。

ランドスケープって、「納浩一さんが使用されてますよね」といった話で耳にする事が結構ありました。

結構話題には上がっていたようなので、それなりに売れているのかとは思っていたんですけどね・・・
販売元が手放してしまう位なので、やっぱり苦戦してたんですね。

まあ、今後もこの楽器の企画や製造管理(?)などを行っていた会社さんが引き続き国内販売は続けるようですので、購入出来なくなるというわけでは無さそうです。



ちなみに、ランドスケープのシリーズを2種類とも試奏させてもらった事があります。
納浩一さんはかなり絶賛されてましたけど、僕自身はやっぱりネックが細い事が気になりました。
(実は、今使っているMB-38を購入する際に、選択肢として結構考えました・・・)
ネックが細いというか薄いので、ボディとの境目部分のポジション感覚が結構変わってきちゃうのが嫌だったんです。



とはいえ、世間的には評判は良い楽器のようですし、今後も出来る限り残っていって欲しいです。





ところで、海の家ライブ後のバンド活動ですが、当面はレコーディングを念頭に活動を進めていきましょうという事になっています。
このれーコーディングという作業、当然僕にとっては始めての経験です。



余談ですが、僕は以前に映像の編集をメインに行っている会社に所属していた事があります。
その手の会社ではそこそこ大手で、かなりのメジャーアーチストさん達のプロモーションビデオの企画や編集を行っていました。
(社長さんは僕にとっては凄く良い人で凄い人でしかなかったのですが、ここ最近は特に、いろいろな意味で超有名人です。)

編集の立会いで、アーチストさんが直接いらっしゃる事もしばしばあったのですが、残念ながら僕はそうした仕事には完全にノータッチでした。
食品関連を中心に、メーカーさんの販促関連の仕事専門だったんです。

というわけで、レコーディングとは若干違うとはいえ、音楽業界にはめちゃめちゃ近いところに居たはずなんですけど、その手の知識は全く持ち合わせていません。



バンド活動では、経験豊富なギターさんとドラムさんに主導してもらいながら、どのようにレコーディングするかという事が相談されています。

普通にレコーディングスタジオに入って録音するか・・・
ドラム音源を基に、各自が自宅等で宅録して編集するか・・・
みんな揃って一発録りにするか・・・

といった事のようです。



どんな感じでどういった作業になるのかはまだよく解りませんが、こうした新しい経験は楽しみですね。
せっかくなので専用のスタジオとやらにも入ってみたいです。
コメント
この記事へのコメント
レコーディング
レコーディングはいつも緊張しますね。
一発取りは幾分気が楽ですが、ミスしたときの影響がでかいので緊張します。
マルチだとやり直せるとはいえ、ベースとドラムだけでやらされたりするんでノリを維持するのが難しい。

一日に何曲録りたいかでやり方が決まってしまいますけどね。
CD一枚を一日で、ならマルチは無理で一発ですね。
マルチなら1日2曲が限度かな。
2011/08/06(土) 01:34:30 | URL | どてら #e/PR8CMk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1227-d3b33301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。