ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0429.jpg

この手の話って僕はかなり疎いんですけど、興味ある人も結構いらっしゃいますよね。

米Paste Magazineが「最も過小評価されているベーシスト TOP20」を発表⇒

正直に告白しますが、このネタを見てスティングがベーシストだった事を知りました(?!すみません・・・)。
まあ、だからこその過小評価なのかもしれないですね。





以前のBLOGで練習してみると書いたマリーゴールドという曲ですが、その後それなりに弾いてみていました。


かめのベースTAB譜置き場(かめさんという方のHP)⇒


テンポがそれほど速くなくて、譜面もそれほど難しそうでなくて、それでいてある程度動きがあるベースラインだったという事で選択した曲です。
だけどこれ、最初はかなり苦戦しました。
3連で捉えたリズムをなかなか把握出来なかったんです。



譜面によると、曲のテンポは170でスタートして、途中は185まで上がっているようです。
だけど、とてもじゃないけど最初からこのテンポは無理なので、まずはメトロノームを100以下に落として練習をスタートしました。
更に、拍の頭だけにクリックを鳴らすのではなく、3連でクリックと、各拍のクリックと、小節の頭のクリックを全て鳴らしながらの練習です。
これでようやく、譜面に記載されているリズムをきちんと把握する事が出来ました。



昨年のレッスンの際に、メトロノームのクリックを3連に捉えて練習する宿題を出された事がありました。
各拍の頭や小節の頭のクリックは鳴らさずに、ひたすらタタタタタタタタタタタタ・・・と鳴らしたクリックを、頭の中で3連に捉えて演奏する練習です。
この練習なんですけど、テンポ150(3連で150なので、クリックは450のテンポで鳴ってる)を超えたあたりからは物凄く難しかったんですよね。

その後はほとんどこうした練習を行っていなかったんですけど、今回マリーゴールドという曲に取り組みながら、あらためてこの3連を捉える練習が必要だなといった事を感じてました。
リズムを細かく分解された状態できちんと捉えられる事って、やっぱり相当重要ですね。
(3連程度は細かく無いと叱られそうですが・・・)





余談ですが、このマリーゴールドという曲を演奏しているorange pekoeってユニット素敵ですね。
かなりヒット曲も持っていて有名らしいんですけど僕は知らなかったんです。
(本当疎いです・・・)

orange pekoeウィキペディア⇒
orange pekoeHP⇒

なんか気に入ってしまったので、アルバム(CRYSTALISMO)まで入手しちゃいました。



アニメ用ではない原曲(?)版の間奏のベースソロなんかも、雰囲気がよくてなんだか好きです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1255-ce53c525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。