ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0475.jpg

前回の日記に書いた楽器フェアの後は、弦楽器フェアに出かけてきました。
こちらは、バイオリン~コントラバスといったバイオリン属の楽器や、クラッシックギター、マンドリン等をメインで紹介している展示会です。
品揃えの多いお店であっても、ここまで大量の楽器が並んでいるお店などは無いので、なんだかちょっと嬉しくなります。

また、バイオリンやコントラバス関連のお店って、なんとなく敷居が高く感じる事が多いです。
それが、こうした展示会であれば気楽に見てまわれるのも良いですね。



ただ、全体的には特に目新しい商品というのは見当たりませんでした。
まあ、バイオリンやコントラバスの場合、基本的に突飛な物が出てくるようなものでも無いので、そのあたりは仕方無いですかね・・・

ちなみに、Czech-Easeを最初に見たのは昨年だか一昨年の、この弦楽器フェアだったのですが、その時は結構衝撃を受けました。
自分も欲しいとまでは思わなかったですけど、あの形状ってかなり衝撃ですよね。
(下だけコントラバスの下部分だけ切り取っちゃうって、その発送も形状もかなり強引じゃないですか?!)

そうした強烈なのがあると結構面白いんですけど、そんなのはそうそう出てこないですもんね。
ただ、イベント自体の集客を考えるとそうした、「売れ筋」ではなく、いわゆる「見せ筋」商品(?)というのもあった方が良いのかもなぁとは思いました。
(あっ、Czech-Ease自体が見せ筋商品と言ってるわけではないです・・・)



だけど、横浜の楽器フェアもそうでしたが、試奏出来るというのは大きな魅力みたいですね。
コントラバスは数が割りと少ないのと、僕自身はさすがに試奏とはいえ大勢の人様の前で楽器を演奏するのもためらってしまうので、本当に数本しか触ったりはしてません。
だけど、まわりではいたるところでバリバリの演奏が繰り広げられています。



また、毎年ちょっと面白いと思うのは、楽器によって客層というか雰囲気が全然違うんです。
バイオリン系の試奏をしている場所と、クラシックギターの演奏をしている場所では、もう本当に気温とか湿度まで違うんじゃないかってくらい雰囲気が違ってます。

バイオリンの試奏をしている人達の雰囲気が、ガンガン前面に出てくるイメージであるのに対して、クラシックギターの人達は、周囲に背を向けてひっそりと演奏しているような感じです。
実際、バイオリンの人はブースの壁側に背中を向けて、通路側を向いて演奏していたと思います。
それに対して、クラシックギターの人達は通路に背を向けてブースの壁側を向いて演奏している人が多かったです。
これって、音の響きの問題なんかもあるんですかね・・・

若干違いはあるかもしれませんが、街の楽器屋さんの、エレキギター売り場とエレキベース売り場の温度差を極端にしたような感じでしょうか?!
(この違い、僕の気のせいでは無いですよね?!?!)



ちなみに、コントラバスの試奏の場合、弓奏であればそこそこ音が響くように思いますが、ピッチカートの音って周りに吸収されちゃう感じで、あまりきちんとは聴こえないです。
やっぱりあの音って、こうした人ごみの中ではかなり弱いなというのを、会場にいて凄く感じました。





最後に、今回の弦楽器フェアで新しく知った知識を1つだけ挙げてみます。

冒頭の写真なんですけど、新作の新品コントラバスのアップです。
新作コントラバスも、オールド風の塗装がなされていたりするのは知ってました。
だけど、傷までリアルに付けちゃうんですね。

写真の楽器は百数十万円もする楽器なんですけど、ボディのあちこちに、写真のような引っ掻き傷(ニスだけでなく、板にもしっかり溝が出来ている傷)がつけられていました。



楽器に使う板って、産地であったり保存場所であったり保存(乾燥)期間であったりというのが大きく値段に影響する位に細かく拘りますよね。
更には、上に塗るニスも拘ってるみたいですよね。

となると、板につけてるこの傷って、わかる人には音にも微妙に影響がありそうですけど、そうでもないんでしょうか??



まあ僕には残念ながら、ニスや傷による音の違いは判らないんですけど、この傷が製作者によって意図的に付けられていると聞いて、ふと疑問に思いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1263-7b03c615
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。