ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_20111105_144932.jpg

以前からちょっと感じていた、楽器選びの際の「試奏」について、思っている事を書いてみます。



結論を先に書くと、「試奏」ってめちゃめちゃ難しいですよね。





楽器選び(楽器を新たに購入する)の際のポイントとして、重要な事の1つに、「試奏する」というのが必ず出てきますよね。
この事自体を否定するつもりは全く無いですし、判る人であれば、それはもう絶対に試奏すべきだと思うんです。
また、仮に自分自身が判らなくても、信頼出来る「判る人」が一緒に試奏してアドバイスしてくれる場合などであれば、やっぱり試奏はどんどんすべきだと思ってます。

だけど、この「判る」がめちゃめちゃ難しくないですか??





2つのウッドベースを並べて交互に弾いてみた場合に、どちらが好きな音かというのはある程度感じます。
仮に、どちらの音が「好き」かに迷ったとしても、音自体が違っているのは結構判ると思うんです。

だけど、その場で音の好き嫌いを感じたとしても、じゃあどっちの楽器を買うべきか、どっちの楽器が良い楽器なのかを判別するのが難しいです。
そう思う一番の要因は弦です。

楽器本体の違い以上に、その楽器に張っている弦による音や弾き心地の違いに対する影響って大きいですよね。





これ、同じような感覚を、昔競技で自転車に乗っている時にも凄く感じてました。
雑誌の企画などで、ホイールの乗り比べをさせてもらった事などがあるんですけど、正直どれが良いかなんて判らないんですよね。
(超一流の人達なら判るのかもしれないですけど・・・)

ホイールを変えて、自転車に乗ってちょっと漕げば、乗り心地が違うのはすぐにわかります。
立ち漕ぎで自転車を振った時や、コーナーで自転車を倒した時の感覚なんかも明らかに違っていたりします。
ホイール(車輪)やタイヤ(ゴムの部分)といった足回りの違いって、乗り心地にはダイレクトに影響してくるので、ちょっとした違いでも体で感じる感覚は物凄く大きいです。

だけど、自転車の場合の良し悪しって、結局はどっちが早いかですよね。
乗り心地や感覚が違うのは判っても、どっちが良いかとなると、本当に難しいと思ってました。

これが自転車本体(フレーム)の違いとなると、違いの感じ方は更にデリケートになってきます。
その時に付けているホイールやタイヤの違いによる影響の方が大きかったりするので、これはもう本当に判りませんでした。





というような感じを、ウッドベース選びの場面でも凄く感じるんです。



最初の方でも書いたとおり、まずとにかく弦の違いは大きいですよね。



昨年末に購入した今の楽器なんですけど、購入時にデフォルトで張ってあった弦はピラストロ社のプレリュードという弦でした。
その時に楽器を鳴らしてみると、もうなんというか、ドラム缶とか中国の銅鑼みたいな音が鳴るんです。
「ボ~ン」ではなく、「バ~ン」といった感じでしょうか。

今使っている楽器はオリエンテのMB-38といういわゆるトラベルベースなんですけど、トラベルベースだからというわけで無さそうです。
オリエンテさんの通常モデルMBシリーズでも、試奏で音を出させてもらうと、同じように品の無い強烈な金属音が鳴ってました。
それらには、やっぱりプレリュードが張ってあるんです。

購入後はすぐに、ピラストロ社のエヴァピラッツィに弦を変えたんですけど、そうするとプレリュードの時とは全然違う暖かい音に変わるんですよね。
これって、きっとプレリュード弦が悪い弦だというわけではなく、ピッチカートには向いて無いという事なんでしょうね。
(プレリュード弦を弓で弾いた事が無いので詳しくは判りませんが・・・/あっ、でも、僕が弓で弾いたところで、全部悪い音しか出ないので、弓では誰かに弾いてもらわないと判らなそうです・・・w)



また、先日の弦楽器フェアでちょっと試奏させてもらった100万円ちょっとするウッドベースには、アメリカ製のかなり柔らかい弦が張ってありました。
会場が結構広い上に、人ごみの中で音も吸収されてしまうので、ただでさえ音の判別は難しいです。
その上、これまで僕が弾いた事の無いかなり柔らかい弦(ダダリオのヘリコアよりも柔らかいと思います)で鳴らすボワ~ンという音を聴いたところで、その楽器の良し悪しなんてさっぱりわかりませんでした。



といった感じで、弦が違うだけで、その楽器で鳴る音も全然変わってきちゃいますよね。
その上、弦と楽器本体の相性もあるなんて話もちらほら耳にします。

となると、やっぱり僕では試奏をしたところで楽器の良し悪しの判別は全く出来なそうです。
そうなってくると、結局その楽器のメーカーの評判とか値段といった事の方が、今の僕には試奏よりも重要な目安になりそうです。





当面は新しく楽器を買う予定も無いんですけど、先日の弦楽器フェアで楽器を触らせてもらったりしながら、あらためて↑に書いたような事を思ってました。

コメント
この記事へのコメント
試奏は、真面目に難しいですよ。素人ぢゃ、そうそう分かるモンぢゃありません。

僕の場合、メインは管楽器で、修理店とのお付き合い次第で音は調整できるというところがあるため、試奏なしでエイヤっと買ってしまうこともあります。

管楽器の場合、試奏無しで買うなんて信じられないという方もいらっしゃいますが、僕は信じていない。試奏しても、吹き続けるウチに感じが変わることがあるので、どちらにしても博打には違い無いと思っている。

だからといって、WBを試奏無しで買うところまでは、なかなか踏み切れないですが(笑)
2011/11/14(月) 23:27:18 | URL | ひらさわ旦那 #UG8J0sIY[ 編集]
歯槽思想死相
WB買うときって、試奏したことないです。
オールドを選んでるんならともかく50万までのWBって茶木か東かしかなかったですから。
「これから作るけど、なんか要望ないか?」と言われて、
「じゃぁ、ちょっとだけネックを細くして。」
というやり取りがあったくらいで。。。
2011/11/15(火) 21:24:39 | URL | どてら #e/PR8CMk[ 編集]
試奏って、結局は第一印象を見るためにやるもんだと思います。「いい楽器に出会えた!」と思えば練習にも身が入るし。
まあ、ハズレたらそれはそれで次への教訓になりますから、試奏自体は決して無駄じゃないと思いますよ。
2011/11/26(土) 23:22:45 | URL | マツナガ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1264-6025298e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。