ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC_0619.jpg

相変わらず練習時間は1日30分弱です。
随分と少ない練習時間のはずなんですが、この程度の練習ですらマメに苦しんでおります・・・



前回の日記に血マメが出来たといった事を書いてましたが、その後も何箇所かにマメが出来ました。

針で穴をあけて水抜きを行う事で、大抵は翌朝には表面の皮が元通りひっついた状態に戻ってます。
パッとみた目には、そこにマメがあった事がわからない感じになります。

ところが先日出来たマメは水を抜いてもすぐにまた水ぶくれになり、なかなかひっついてくれませんでした。
丸2日間はずっと表面の皮が浮いた状態で、指先に汗をかいたりすると、すぐにまた水が溜まるといった状態です。

マメが出来た翌日、日中バタバタしていてダッシュを繰り返したおかげで、結構汗だくになったんですよね。
その事もマメを長引かせた原因のひとつであるように思います。

更に、表面の皮が元通りひっついた感じになった後も、結構な痛みが残ってしまってました。
通常のマメの時の火傷のようなヒリヒリした痛みではなく、打撲の時のような痛みです。
マメがあった部分を上から押さえると、ズキズキと痛んでました。

毎日の練習時間が短いとはいえ、長期間の練習不足で指先が弱っている状態のまま、連日ごまかしながらウッドベースを弾いていた事でマメ自体も割りと重症だったみたいです。



2~3日前からは、この打撲のような痛みも抜けて、指先のコンディションはかなり回復してきました。
やっぱりこうしていくつもマメを作りながら指先も強化されていくんでしょうね。

こうして連日のようにマメが出来るのを繰り返していると、ウッドベースを始めて1年目の頃を思い出しますね。
あの当時はマメの中のマメの中にマメが出来たといった感じで、3重位のマメもよくできてましたからね・・・



2時間とか3時間弾き続けられるような指になるにはまだしばらく時間がかかりそうです。
だけど、こうして指先が少しづつ強化されていく感じはちょっと嬉しいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/1274-6a5b4d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。