ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061114140508.jpg

最近も、ウッドベースを弾いていると、左手の親指付根部分が辛くなってきます。
特にE弦を強く押さえていると、すぐに左手の親指付根部分は辛くなってしまいます。

この部分の筋肉は、ウッドベースを始めた当初から酷使しているのを感じていました。
ウッドベースを始めた頃から、この親指付根部分の太さを右手と左手で比べてみると、右手の方がかなり太かったんです。
やっぱり日常生活の中で、自然と右手を使ってしまっているということなんでしょうね。
ウッドベースを始めたことにより、左手のこの部分を酷使するようになったので、そのうち右手と同じか、右手以上に太くなるだろうと思っていました。



ところが・・・



ウッドベースの練習を始めて7ヶ月以上経ちますが、いっこうに左手の親指付根部分が太くならないようです。
多少は変わったのかもしれませんが、まだまだ右手と比べて、左手の親指付根部分は細いままです。
こんなに毎日、左手の親指付根部分が辛いと思いながら練習しているにも関わらず、ちょっと残念なんですよね。

まあ、確かにもともと僕は筋肉のつきにくい体質でした。
生理学的な数値からいっても、VO2MAX(最大酸素摂取量)の数値の低さや、AT値の高さから見ても、筋繊維の組成比率で、ST繊維(遅筋/トレーニングによる筋肥大がおこりにくい)の割合が高いのは明らかでした。

左手は、こんなに辛いので、もうちょっと鍛えられてほしいです。
左手の親指付根部分が、右手と同じ位になった頃には、きっとウッドベースもかなり上達していると信じて、日頃の練習の目安にしています。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

僕も左手が痛くて大変だなあと思ってました。
巧い人の演奏を見ていると、何と言うか、
ちょっと押えてるだけみたいに見えたりしますよね。


だからやり方が悪いんだろうと思って、ネットで探したんですが、

■ギターに関する事ですが、真似して(多少応用)やってみたら随分楽に。
http://www.eonet.ne.jp/~tk-guitar/daturyoku.html
http://www.eonet.ne.jp/~tk-guitar/sisei.html

■座って引く方法のようですが、
http://www4.ocn.ne.jp/~t-344/6okuda/noda-method.htm#noda4
「このことによって、親指は押弦にかかる不要な負荷から完全に開放された」

とあります。同じには出来ないけど、押す「考え方」が参考になりました。

何と言うか(斜めの)登り棒にガッツポーズの形で(笑)ぶら下がる時のカンジでしょうか。

でも、教則本には「鍛えなさい」みたいな事が書いてあったりして、
どうすれば良いのかホントのところはよくわかりません。

どうなんでしょうね。

先生についてないので、詳細は不明です。
というか、始めてまだ一カ月たってませんが(苦笑)。
2006/11/15(水) 22:30:12 | URL | arime #-[ 編集]
貴重な情報をありがとうございました。
脱力の話しとか、かなり読みふけってしまいました。
やっぱり左手痛いですよね。
僕も最初の2ヵ月くらいは、左手の指先の痛みにかなり苦しみました。
今は、左手の指先の痛みはなくなりましたが、この日記に書いたように、左手の親指の付根部分がきついですね。
arimeさんがおっしゃるように、上手い人って本当になんだか軽く触れてるだけで、弦を押さえてしまっている感じですよね。
E弦なんか押さえるのにめちゃめちゃ根性がいるように思うんですが、何が違うんですかね。
(最近は、やっぱり結局筋力なんではないかと、短絡的な考えになりつつあります。)
いつか答えがわかるように頑張ってみます。
2006/11/19(日) 00:20:49 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/136-18b1a2fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。