ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20061124010228.jpg

「はじめてのジャズ・ピアノ・トリオ」で「Autumn Leaves」を一通り弾けるようになったので、ビル エバンスのCDにも合わせられるかもしれないと思っていました。
そこで本日、実際にビル エバンスのCDをかけながら弾いてみました。

感想ですが、





よくわかりません・・・





弾くのが追いつかないとか、弾けないといったことではないんですが、合っているのかどうかがいまいちよくわかりません。

普段練習しているのと比べて、かなり早いテンポだった為、たしかに急いで弾く感じにはなってしまいます。
それでも、追いつけないほど早いといった感じではありません。
ただし、アドリブが長い上に、崩してある(?)ためか、一緒に弾いていても、きちんとあわせられているのかどうかが、よくわかりません。
なんだか、あわせているというよりは、リズムを頼りにひたすら勝手に弾き続けるといった印象でした。

しかも、あんなにはちゃめちゃ進んでいる感じがするのに、みんなよく迷子にならずに、各ポイントでしっかりあわせてこれますよね。


やっぱりまだまだ底無しに奥が深いです。
同じコード進行のはずだから、CDにあわせて弾けば、きっとそれなりにそれっぽくなると思ったんですけどね。
実際に弾いてみると、なんだか違う感じでした。

コード進行以外に、何が違っているのか不思議です。
コメント
この記事へのコメント
コード進行が同じなのに違って聴こえる・・・との感想を拝見しましたが、それがジャズではないでしょうか?

よく「ジャズミュージシャンは一枚の譜面(メロディーとコードだけの譜面)だけで演奏する」とか、
「決まったコード進行を毎コーラスリピートしているので、クラシックのように曲のおたまじゃくし(♪)を全て覚えなくても曲が演奏できる」という話を耳にしますが、これは半分だけしか真実ではありません。

確かに、ジャズミュージシャンは一枚の楽譜を繰り返し演奏します。

しかしながら、「毎コーラス全く同じコード進行で演奏している」と言うわけではありません。

どういう事かというと、普通、プロミュージシャンの方々は基本コード進行にプラスして、色々とコードのサウンドを変えて(テンション音を足す、基本のコードを別のコードに置き換える、一部コードを省略して、大きな小節単位で音を動かす・・・などなど)即興で作曲、演奏をしているのです。

この為、たとえ同じ曲をCDとあわせて演奏しても、はじめて~本に載っている「基本のコード進行」と違う部分が出てきます。

この様に色々なハーモニー(音の流れ)を愉しむのが、ジャズの魅力とも云えますね。

その為には美しい音源をたくさん聴く事と、音楽理論を学習する事は不可欠でしょう。

何事も探求し始めると奥が深いですね。(^▽^;)
2006/11/26(日) 20:19:19 | URL | 通りすがり #NKMF6ByM[ 編集]
いつも親切な回答をどうもありがとうございます。

>テンション音を足す、基本のコードを別のコードに置き換える、一部コードを省略して、大きな小節単位で音を動かす・・・などなど

難しそうですね。
やっぱり音楽理論の学習が不可欠ですか・・・
コードの勉強を含めて、そのうち勉強しなくてはと思いつつ、なかなか手をつけられずにいます。
こういった理論を理解した上で、曲を聴いたら、今とはまた違った楽しみ方ができそうですね。
来年こそは理論にも、もう少し手をつけるようにしてみます。
2006/12/01(金) 12:30:44 | URL | ナントハウス家主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/145-5ba4f3d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。