ウッドベース弾き方メモ

ウッドベース初心者大歓迎。ウッドベースの弾き方を知ってるベテランさん大歓迎。ウッドベースに興味がある方大歓迎。通りすがりさんも大歓迎。
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20070516003422.jpg

以前にdoc様よりご指摘いただいた、弦の巻き方ですが、ちょっと前に修正してみました。
まだ、隙間は空いてしまていますが、1弦と4弦がヘッドと触れないようにしたのと、弦がクロスするのを解消しました。
気をつけなくてはいけないことが結構ありますね。
こうしてBLOGでご指摘いただけると、ありがたい限りです。



ところで練習の中心は、酒バラのベースラインの修正です。
前回レッスンで、使えない音を教えてもらったので、指摘された箇所を、実際にベースで音を出しながら訂正していっています。

教わったことをそのまま実践するのであれば、音を出さなくても、頭で考えてベースラインが出来そうですが、実際に音に出してみるとしっくりくる音と、なんだか違和感を感じる音がありますよね。

基本は、各小節の1音目をルート音、3音目をコードトーンにしています。
それでも、なんだか違和感を感じることが頻繁にあります。
「ウォーキングベース」といった言い方をするようですが、歩くようなスムーズな音ではなく、なんだかぎこちない音だったりするんですよね。

このあたりがセンスだったり、個性だったりするのでしょうか??

なんだか難しいですが、いろいろ考えながら、音を探していくのってちょっと楽しかったりします。



初見でしっくりくる音を導き出せるようになれたら、素敵なんですけどね・・・



ベースライン作り、まだ始めたばかりです。
いっぱい作りまくって、素敵なベースラインが、すぐに出てくるようにしたいですね。

頑張ります。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://woodbass.blog63.fc2.com/tb.php/268-89003581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。